!!上下にメニューが表示されない場合はこちらをクリック!!

・両生類在庫一覧
新着欄に掲載の生体は、まだこちらに移動されていない場合があります)
 
カエル(アマガエル類・アオガエル類・クサガエル類など)                                
Name Scientific name Comment Price
(税込)
ブチアマガエル
(ペルー産)
Boana punctata グラスフロッグのように透明感あるイエローグリーンをした南米産のアマガエル。
背面には黄色や赤のスポットが入り、非常に綺麗です。夜間には背全体が赤っぽく色変わりします。
その色合いからアマガエルモドキやクサガエル程度の大きさを想像しますが実は結構サイズのある種で、大型個体はニホンアマガエルくらいになります。今回はヤングサイズ。
山羊目が何となく見る者に脱力感を与えてヨイですね。
画像
\35000
スナドケイアマガエル Dendropsophus ebraccatus 昔で言うワキマクアマガエルです。
名の通り背に砂時計型の模様を持つ、中南米産の小型で美しいツリーフロッグ。葉を多く入れたレイアウトケージで飼育しましょう。
画像
\11000
コガシラアマガエル Dendropsophus microcephalus イエローツリーフロッグというざっくり過ぎる流通名を持ちます。
取り立てて際だった特徴の無い(笑)、透明感あるクリーム色をした小型のツリーフロッグ。小頭の名がある通り、頭部が小さめで可愛らしいです。
画像
\9800
ウスグロノドツナギガエルCB Smilisca phaeota ドイツCB
メキシカンマスクドツリーフロッグ。頭部の黒い線とそこに囲まれた周囲と色の異なる部分が覆面のように見えることから名があります。
和名ではウスグロと名付けられていますが、成体はほんのり青緑がかったライトグレーで目の周りだけ黄緑の結構綺麗なツリーフロッグです。
画像
\4900
アカメアマガエルWC(ニカラグア産) L Agalychnis callidryas 定番人気種のアカメアマガエルも、CITES2類入りに伴って輸入に手間がかかるようになったため、いつでもどこでも手に入るというわけにはいかなくなりました。
相変わらず真っ赤な目にブルーの手足、グリーンの胴とフォトジェニックです。
ニカラグア産の体格しっかりしたアダルトサイズ達。
オス
\12000
アカメアマガエルCB
(バーガンディ)
Agalychnis callidryas USACB
レア!アルビノ(ルチノー)、ザンティック、ブルーなどツリーフロッグとしては多くの品種を持っている本種ですが、これは今なお流通の非常に少ない激レアカラー。メラニズムかトランスルーセントの一種なのでしょうか。実に面妖で良い品種です。
パープルあるいはブラックの別名も有り、暗色時は濃い黒紫、明色時は赤みがかったブルゴーニュワインレッドです。虹彩は真っ黒!クロメアカメアマですね(笑)。
画像 画像
\59000
スパーレルアカメアマガエルCB Agalychnis spurrelli 珍!アカメアマガエルの同属種で、コスタリカからエクアドルにかけてのより南方に分布します。
アカメよりも虹彩の色は暗く、臙脂色から小豆色。体側にはブルーのバーがなく、薄いオレンジ一色です。
個体によって背に白いスポットが入るのはアカメと同じですが、本種の場合はスポット部分が立体的に盛り上がるという不思議な特徴を持ちます。
指先ほどのベビーではなく、しっかり育ったヤングサイズ達!
画像 画像
\25000
ズキンアメガエルCB Litoria splendida ドイツCB
初入荷!オーストラリア固有の大型アメガエルで、成長につれて目立つようになる肉厚な頭部が頭巾をかぶったように見えることから名があります。フトアマガエルを思わせる大柄な白いスポット柄に巨頭化したイエアメガエルのような姿は非常に見応えがあり、「素晴しい」「見目麗しい」などを意味するMagnificentから「マグニフィセントツリーフロッグ」の英名があります。
おそらく日本への商業流通は今回が初で、カエルとしては非常に高価です。昔の洋書等で見て憧れていた古参愛好家もいるかと思います。
(参考:
成体画像検索
'22/1、写真更新しました。流石最大級のアメガエル。入荷後数ヶ月でメキメキ成長して特徴の頭巾も分厚く目立つようになりました!
入荷直後の画像現在画像
\220000
イエアメガエルCB
(スノーフレーク)
Litoria caerulea ドイツCB
初登場時はその異様とも思える模様の派手さから愛好家を驚かせた美品種。ようやくある程度量産が効くようになって、かなりリーズナブルに流通していますが、その分クオリティーにかなりの個体差が見られます。
背に入った細かな白いスポットが密集して、名の通り雪の粉のよう。個体によっては口周りや脇腹、手足も大ぶりな白斑が覆います。
500円玉サイズを過ぎて、体格も良い感じにしっかりしてきました。
画像 画像
\18000
イエアメガエルCB
(ブルーアイ)
Litoria caerulea USACB
遺伝を伴う固定品種としてはイエアメ初のブルーアイ。通常は金褐色の虹彩が涼やかなスカイブルーになっています。体色もノーマルより明るく、トーンが低めのグリーングレーから薄水色が多いため、おそらくアザンティックの一種なのではないかと思われます。
指先ほどのベビーですが、体格はしっかりで目の色も既に特徴が出ています!
※複数在庫有り。画像は代表個体ですが、色調に個体差はありません。
画像
\9800
キンスジアメガエルCB Litoria aurea チェコCB
昔はベルフロッグとも呼ばれていました。
実はオーストラリアの固有種なので流通は基本的に無理なのですが、お隣のニュージーランドに移入されたものが帰化種として駆除されているため、その関係で種親が海外に流通しているという不思議な縁を持っています。
イエアメやクツワアメと同属とはとても思えない太ったアカガエル体型ですが、やはりそこはアメガエルで立体活動も得意。そして餌食いもイエアメ並みにがっつき(笑)。
ゴールドブラウンの地色に、グリーンが良いアクセント。
画像
\11000
チリキー
アマガエルモドキ
Teratohyla pulverata 珍!網目模様の虹彩と磨りガラス風のカラーをした、フライシュマンらとは別属のアマガエルモドキ。
やはり腹部の皮膚が半透明で、内臓を覆う内膜が透けて見えます。色合いは、フライシュマンの黄緑やヴァレリオの網目柄とも違う深めのグリーンで、白い極小スポットが砂糖菓子風。
協調性が良いので、複数をポトスなど葉の広い植物を入れたケージで飼育しましょう。
画像 画像
\15000
ワンガンオオクサガエル Leptopelis spiritusnoctis コーストビッグアイツリーフロッグ。
キョロっとした大きな目を持つオオクサガエル達ですが、主要原産国だったタンザニア産の各種が近年では全く輸入されなくなり、変わって流通するようになったのが本種を始めとする西アフリカ産のグループ。
薄い麦わら色の体色は色彩的には地味ですが、上半分だけ薄い赤い大きな目がよく目立ち、この仲間独特の表情は健在です。乾燥地にいそうな見かけによらず森林性で、更に意外なことに結構な大型サイズに成長するようです。
画像 画像
\6800
ハロウェルクサガエル Hyperolius concolor concolor シャンパンゴールドからクリーム色一色で、指先だけほんのり赤いアフリカ西部産クサガエルです。
クサガエルの仲間は種類や色彩バリエーションが非常に多く、同居飼育も可能なので、色々な種をレイアウトケージに集めてみるのも面白いですよ。
画像
\3800
イバダンクサガエル Hyperolius concolor ibadanensis アフリカ西部に産するクサガエル類の中では最もポピュラーな種の一つがシュレーゲルクサガエル。これはその亜種で、ナイジェリアやカメルーンで見られます。
基亜種が基本的に無地無斑なのに対し、この亜種はオスの多くの個体が鼻先から体側にクリーム色のラインが走るのが特徴です。
クサガエルの仲間は種類や色彩バリエーションが非常に多く、同居飼育も可能なので、色々な種をレイアウトケージに集めてみるのも面白いですよ。
画像 画像
\8800

3匹以上
\8000
/匹
ミドリマントガエル Guibemantis pulcher マダガスカル産小型美ガエル。名の通り透明感の有るグリーンの美種です。ツンと尖った鼻先で、まめにチョコチョコとケージ内を移動する様子はクサガエルなどツリーフロッグ類と違った動きで楽しいです。
この類いの小型美ガエルは、同産地のもので揃えて数種をレイアウトケージで飼ってやると、賑やかでより楽しめます。
※複数在庫有り。画像は代表個体ですが、色調に個体差はありません。
画像
\7500
キイロマントガエル Guibemantis flavobrunneus 美!マダガスカル産の小型美種であるミドリマントガエルの色変わりバージョンみたいな印象ですが、実はミドリマントより一回り以上大きくなり、その存在感はなかなかのもの。
体色は鮮やかなイエローから飴色で、暗色の斑紋が入ります。
この類いの小型美ガエルは、同産地のもので揃えて数種をレイアウトケージで飼ってやると、賑やかでより楽しめます。
※複数在庫有り。画像は代表個体ですが、色調に個体差はありません。
画像
\7500

3匹以上
\6500
/匹
ニシジャワ
ホネナガキガエル
Chirixalus vittiger 珍!透明感あるイエローが上品なアジアのツリーフロッグ。
日本にも分布するアイフィンガーガエルが元所属していた(現在は分離)ホネナガキガエル属の一員です。
アジア産とは思えないような外観で、マダガスカルのクサガエルやマントガエルの一部のような透明感ある色調と滑らかな皮膚感を持ちます。明度や湿度によっては曇り空のような色合になることも。
当初同属別種のChirixalus nongkhorensisとして流通しましたが、原産地(インドネシアのジャワ島)や外観特徴を鑑みるとこちらのようです。
木の葉にゼリー状の膜で覆われた卵を産み付けます。
画像 画像
\12800

3匹以上
\11000/匹
ホリダムツブハダキガエル Theloderma horridum 珍。タイツブハダキガエルとも呼ばれるブラウン系コケガエルの一つ。
同じ茶色系のゴードンツブハダやマレーツブハダよりも体型がずっと扁平で、脇腹の斑は大柄。体表の突起は畝状ではなくトゲが密集した感じです。
体格はマレーツブハダなどより小型で、コケガエルに対するコガタコケガエルと同ポジションと言った感じ。
画像 画像
\18000

カエル(ヤドクガエル類・マンテラ類・フキヤガマ・マントガエル等小型種)
Name Scientific name Comment Price
(税込)

カエル(コノハガエル類・アカガエル類・ヒメガエル類・ヒキガエル類・ツノガエル類等)                                                     
Name Scientific name Comment Price
(税込)
ミツヅノコノハガエル MS Megophrys nasuta 言わずと知れた擬態の王様的な木の葉蛙。ナスタこと本家ミツヅノコノハです。
色彩バリエーション豊かな種で、黄褐色から白灰色、黄土色とその色合いは様々でまさに落ち葉のよう。落着いてしまえば餌付きも良く、丈夫な種です。
子供の拳くらいのMSサイズ。
画像
\9800
ミツヅノコノハガエル ML Megophrys nasuta 言わずと知れた擬態の王様的な木の葉蛙。ナスタこと本家ミツヅノコノハです。
色彩バリエーション豊かな種で、黄褐色から白灰色、黄土色とその色合いは様々でまさに落ち葉のよう。落着いてしまえば餌付きも良く、丈夫な種です。
名刺大以上のM~MLサイズ。
画像
\12000

2匹以上
\9800
/匹
ミツヅノコノハガエルCB Megophrys nasuta 一部で話題騒然の、リアル国内CBベビー!ブリーダーさんのご厚意で、当店にもようやく来てくれました。
きちんと飼育下で包摂させ、産卵・幼生から上陸の課程を経て丁寧に育成されています。偶発的なものでは無く、複数回連続して取れているのが脱帽です!
指先サイズの実に愛くるしいミニチュアコノハ。このサイズからアダルトまで育て上げれば思い入れもひとしおです。
画像 画像
\15000
ホルブルックスキアシガエル Scaphiopus holbrooki holbrooki トウブスキアシガエルとも。
よく似たコーチスキアシよりも色のメリハリがきいていて、体型も多少シャープな感じ。レッドスポットが入ります。
この辺り、時折パラリとしか輸入されませんので欲しい方はお早めに。
画像
\7500
ナンブヒョウガエル Rana sphenocephala アメリカ版トノサマガエルやダルマガエルといった感のあるこのグループは、種数がかなり多いもののホビー上では殆ど存在を黙殺されています(笑)。食用として郷土料理の材料に使われることはあっても、ペット流通することはかなり少ないため、ある意味でレア!
カエルの中のカエルといった感じ。ジャンプ力が強いので、思い切って広いケージでアクアリウムを作って贅沢に飼ってみると新鮮な楽しみ方が出来ます。
画像
\3980
トウブコクチガエル Gastrophryne carolinensis 珍!ナローマウスフロッグと呼ばれる北米産のヒメガエル科。
ヒメガエル系のお約束で、卵形のとぅるんとしたフォルムで、手足は短め。特に飾り気のあるカラーリングではなく、サイドに薄茶のストライプが走る程度。
体型から察せられるとおり潜り屋さんなので、ミズゴケを混ぜたヤシガラ土などを敷き、潜らせてやりましょう。
画像 画像
\6800
マダラスキアシヒメガエルCB Scaphiopphryne marmorata ちょっとびっくりなCB個体!
トゲトゲがついた、緑の金平糖のようなマダガスカル産地上種。かつてはポピュラーでしたが現在では殆ど見かけなくなってしまいました。
普段は地中に潜っていますが、気分によっては地表に出てきて木にまで登ってみたりと結構立体的に動きます。
画像
\19800

サビトマトガエル
Dyscophus guineti マダガスカルの地上棲ガエルを代表する存在でしたが、2016年末よりCITES2類入りしたため、かなり流通が限られるようになりました。
名は体を表すの例え通り、トマトのような赤からカキのようなオレンジの体色を持っています。ボリュームもそこそこで、インパクトのあるカエルの一つでしょう。
ぎょろりとした目つきもどことなく愛らしいです。赤みの強い個体をセレクトしています。
画像2
\14000

2匹以上
\12800/匹
サビトマトガエルCB Dyscophus guineti 国内CB
陸に上がって程なくまだまだトマト色には色づいていませんが、色付く前の柿の実みたいでこれはこれで良い感じ。成長するにつれ、赤やオレンジに色づいていきます。
1円玉サイズのコロコロ可愛いベビー達です。
※複数在庫有り。写真は代表個体です。
画像
\6800
ナンベイウシガエル
(ペルー産)
Leptodactylus pentadactylus 実は珍!
ナンベイウシガエルとされる種には近似種があり、流通のメインであるガイアナ産で輸入されるのは殆どが別種マガイナンベイウシガエルLeptodactylus knudseniで、実は狭義のナンベイウシは昔から殆ど流通がありません(隣国スリナム産でたまにあるくらい)。
両種は唇回りの模様や背のラインの繋がり方、腹の斑紋の入り方などで区別されますが、それぞれに地域個体群も多く分類は混沌としています。
今回のは産地として非常に珍しいペルー産。ペルーにもナンベイウシ、マガイナンベイウシの両種が分布していますが、ペルー産のマガイナンベイウシは色彩がかなり特徴的なので本種と区別し易いです。
これは本家の方。筋肉質な大型種で、マウンテンチキン(山の鶏肉)と呼ばれ食料源にもなっています。
※複数在庫有り。写真は代表個体です。
\28000
バジェットガエルCB ML Lepidobatrachus laevis ツノガエル類・アフリカウシガエルと並んで3大貪欲ガエルの一つ、マルメタピオカガエルです。
ツナギを着たような体型と、おっさんっぽいキャラクター性が特にうけています。貪欲で動く物には何でも飛びついてきます。
水棲種で、浅い水を張っただけも飼育できますが、深めの水深を取った水槽に泳がせて飼うと動きが出て一層楽しめます。
MLサイズ
画像 画像
\8000
ベルジェットフロッグCB ML   CB飼い込みアダルト
ベルツノ×バジェットの異属間ハイブリッド。どべっとしたバジェット風体型にベルツノの柄で珍奇な容姿です。
画像
\22000

カエル(ツメガエル類・コモリガエル類等)
                             
Name Scientific name Comment Price
(税込)
ナイジェリア産
ツメガエルsp
Xenopus sp. "Nigeria" ナイジェリアから輸入されてきたツメガエルの仲間。外観的な特徴を見ていくと、おそらくミュラーツメガエルXenopus muelleriか、アフリカツメガエルXenopus laevisの北西個体群と思われます。
全体的にどれもちょっと小ぶりで、背には小さめのスポットが入ります。
画像 画像
\8800

3匹以上
\8000
/匹
カルバルホコモリガエル
(ピパ・カルヴァルホ)CB
Pipa carvalhoi ハンガリーCB
パルヴァことヒメコモリガエルほどではありませんが比較的小型のピパで、体長は7~8cm程になります。鼻先が尖って独特な顔つき。パルヴァと同じく体はやや厚みがあり、どちらかというとツメガエルの仲間のような体型。
ブラジルの一部に生息している関係から、流通は殆どありません。
背に卵を背負い孵化まで育成することで知られるコモリガエルの仲間ですが、本種を始めとする多くのコモリガエルは幼生(オタマジャクシ)の状態で育嚢から出てきます。
\21000

有尾類
                                                         
Name Scientific name Comment Price
(税込)
アメイロイボイモリCB M Tylototriton verrucosus 国内CB'19
ミナミイボイモリ属全てがCITES2類入りして以来野生個体の輸入は途絶え、国内での繁殖個体が重要になってきました。
他種より渋い色合いと、ベビーでも分かる大柄でぞろっと長い体型が特徴です。
Mサイズ
画像
\19000
ミナミクシイモリCB Triturus karelinii 嬉しい国内CB!
コーカサスクシイモリやトルコクシイモリとも呼ばれます。他種よりややずんぐりとしており、薄いグレーに黒のブロッチ模様が魅力。腹部は鮮やかな黄色です。
他種同様、成体のオスでは繁殖期に背のクレストが伸張します。ダヌーブクシイモリと並んで非常に丈夫なクシイモリで、温度上昇にもわりと耐性があります。
画像
\8800
ダヌーブクシイモリCB Triturus dobrogicus dobrogicus ドイツCB
実は結構久しぶりで、特に国内CBではない海外血統は今ではかなり少ないです。
他のクシイモリに比べダックスフントのように胴長で、手足が短いのが特徴。繁殖形態になったオスは黄色い炎のような長いクレストが背に揺らめき、非常に美麗な姿になります(通常時からはなかなか想像できないですが(笑))。是非学名でイメージ検索してみて下さい。
本種は他のクシイモリとは異なり、幼体成体問わず周年水棲飼育で飼えます。温度変化にも強く頑健で、マダライモリと並んで最も飼いやすいクシイモリ類でしょう。
幼体サイズにつき雌雄判別はできません。
画像
\24000
パノニアクシイモリCB Triturus dobrogicus "macrosoma" ドイツCB
珍!カルパチア盆地(パノニア地区)に分布するダヌーブクシイモリの西方個体群。元は亜種とされていましたが現在では個体群とされています。かつての学名を読み下してマクロソマクシイモリと日本で呼ばれることも。
カルパチア盆地は通常流通する狭義ダヌーブが産するドナウ川下流域と地理的にだいぶ隔絶されているので、血統を守る意味はありそうです。
外観的には現状大差は見られませんが、腹部の赤みがかなり強いように見えます(狭義ダヌーブに比べ累代が進んでいないせいもあるかもしれません)
画像 画像
\29800

3匹以上
\26800
/匹
マダライモリCB Triturus marmoratus 国内CB
海外CBよりも国内CBが流通の主を成している珍しい例ですが、最近は一時期よりも減っている気がします。
緑と黒の迷彩模様にオレンジのセンターラインという他種にはないカラーリングとなかなかのボリューム感、幼体成体問わず飼育が容易なことからヨーロッパ産有尾類の中でも入門種的存在です。
雌雄はまだ不明です。
画像 画像
\12800

3匹以上
\11500
/匹
アルプスミヤマイモリCB Ichthyosaura alpestris alpestris ドイツCB
小柄で上品なアルペンニュートです。青みがかった背色と山吹色一色の腹部が好対照な小型美種です。水棲形態はヒレこそ長く伸びはしませんがブルーが一層濃くなり、口周りのスポットが目立つようになってどことなく温帯性淡水魚を思わせる美しさを見せます。
性別不明の上陸子。
\8000
ヒラユビイモリCB Lissotriton helveticus ドイツCB
かつてはそれなりの数が輸入されていましたが、ヨーロッパの自国生物の輸出が厳しくなるのと同時に、なかなか見かけない種になりました。英名でパルマトニュートと呼ばれるとおり、繁殖期のオスには後肢に黒っぽい水掻きが発達します。 スベイモリなどに近縁な小型種で、現在は陸棲形態。複数いますが雌雄は不明です。
画像
\43000
ストラウヒツエイモリCB Neurergus strauchii strauchii ドイツCB
久々の入荷!有尾世界のキボシイシガメとでも言うべき、ビビッドな色柄を持つ印象的な中東産イモリです。亜種関係のバランツエイモリよりも黄色いスポットが細かく多数入ることで区別されます。
ヨーロッパでのツボカビ抑制のための移動制限の煽りを受け、流通量が極端に減っていましたが、ようやく待望の入荷です。
複数在庫有り。雌雄判別はまだできません。
画像
\29000

3匹以上
\26000
/匹
トウブタイガーサラマンダーWC MS Ambystoma tigrinum USAダイレクトのワイルド個体。
晩冬に既に上陸している、トウブとしては小柄な個体群です。柄は黒地の細かなもので、明色部とはわりとはっきりしたコントラストが見られます。
画像
\14000
トウブタイガーサラマンダーCB
(フロリダ産)
Ambystoma tigrinum "Florida" ドイツCB
欧州でも特殊な北米産サラマンダー専門ブリーダーのCBです!なんと産地別にトウブを分けて殖すという拘りっぷり。
オビを始め元亜種だった個体群が別種になり、元祖タイガーサラマンダーたるトウブには亜種が無くなりました。反面、トウブは他のタイガーに比べて分布が非常に広いため、野生個体は流通する便毎にタイプが違ったりしてややこしいながらも面白いです。
これは分布地南東部のフロリダ州産の個体群を原資としたCB。フロリダ産は現在ワイルドで流通するトウブタイガーの主要な産地で、他地域より個体間のバリエーションが激しく様々な形の模様を持ちます。上陸子は斑紋が目立ちませんが、成長に連れて明るいバーやラビリンス柄が出てくる個体が多いです。
※複数在庫有り。写真は代表個体です
画像 画像
\18000
グレータイガーサラマンダーCB Ambystoma mavortium diaboli ドイツCB
ハイイロタイガーサラマンダーの名の通りベースカラーがオリーブグレーで、柄は細く散ったり糸状に退縮しがちです。タイガーの亜種の中でも見かける機会は少なく、北米からのダイレクト便ではなかなかお目にかかれません。
画像
\18000
ブロッチタイガーサラマンダーCB Ambystoma mavortium melanostictum ドイツCB
欧州でも特殊な北米産サラマンダー専門ブリーダーのCBです!
これは黄色部分が広く、黒い模様が網目状や亀甲状に細く広がるレア亜種ブロッチタイガー。
本亜種は亜種中でもバリエーションが激しく、地色も灰色から緑がかったクリーム色、黄色など多彩で、模様も幅広く分断するものからわりと細かめに入り組むものまで様々です。この辺り、コレクター魂をくすぐりますね。
上陸して一年くらいは黒い柄が広くトウブのような外観をしている個体も多いですが、成長につれて色合は明るく抜けて柄も乱れ退縮していきます。
※複数在庫有り。写真は代表個体です
画像 画像
\24000
ノーザンスライミーサラマンダー Plethodon glutinosus 久々の入荷です!
黒地に細かな白点が散るなかなかの美種。多数の隠蔽種がありますが、今回のは狭義のノーザンのようです。
画像
\17000
ミシシッピ
スライミーサラマンダー ML
Plethodon mississippi 北米のヌメサラマンダー(スライミーサラマンダー)はかつて非常に広域な分布を持つ一種だったものが、主に遺伝的な相違により13の種に分割されました。外観での見分けは典型的なもの以外はなかなか難しいのですが、本種は下顎と喉にも白いスポットが入ることが多いです(例外もわりとあるようですが)。産地インフォメーションと個体による見た目を頼りにコレクションするのも面白いです。
大きめのMLサイズ。性別はメスと思われます。
画像
\14000
ヨナロッシーサラマンダーCB ML Plethodon yonahlossee 激レア!北米随一の美サラマンダー。大型のムハイサラマンダーで、見応え抜群です。
カラータイプが幾つかありますが、これはベッタリ赤い背をした理想的なタイプ。
欧州のマニアックなブリーダーの放出、CBヤングアダルトサイズ
画像 画像
Soldout
バットケイブサラマンダー Plethodon yonahlossee "longicrus" 国内長期飼い込み個体
現在ではかの激レア美種ヨナロッシーサラマンダーの、ノースカロライナ州ラザフォード郡にあるバットケイブ近郊でのみ見られる固有個体群とされることが多いです。ハーペトロタクソンという奴ですね。
ヨナロッシーと同じく非常に大型のプレソドン属で、スライミーら同属種を見慣れているとちょっとぎょっとさせられます。
色彩は狭義ヨナロッシーと大部異なり、ベッタリとした赤い模様は無くスターダストカラーにちらちらと赤いスポットが入ります。こちらもなかなかの美種です。
画像 画像
\49800
ビル スパイクサラマンダー MS Lyciasalamandra billae billae 激レア。当店初入荷!オスの腰に棘状突起が出るスパイクサラマンダーの一種です。北米系のサラマンダーとは全く系統の異なるイモリ科で、見た目はだいぶ違いますがファイアサラマンダー属と最近縁です。
有尾類としては珍しく、半年以上の妊娠期間を経て完全に親と同じ形状の幼体を出産する胎生種です。幼生でもなく幼体出産というのがポイント。繁殖は殆ど水に依存しないようです
これは多数の亜種を持つワンガンスパイクサラマンダーの基亜種。まだ雌雄判別できないMSサイズ
画像
\79800
イェフダ スパイクサラマンダー MS Lyciasalamandra billae yehudahi 激レア。当店初入荷!オスの腰に棘状突起が出るスパイクサラマンダーの一種です。北米系のサラマンダーとは全く系統の異なるイモリ科で、見た目はだいぶ違いますがファイアサラマンダー属と最近縁です。
有尾類としては珍しく、半年以上の妊娠期間を経て完全に親と同じ形状の幼体を出産する胎生種です。幼生でもなく幼体出産というのがポイント。繁殖は殆ど水に依存しないようです
これは多数の亜種を持つワンガンスパイクサラマンダーの亜種イェフダスパイクサラマンダー。まだ雌雄判別できないMSサイズ
画像
\79800
ギリシャファイアサラマンダー Saramandra saramandra werneri 珍!ファイアサラマンダー10数亜種中で一二を争うマイナー種で、当店には今回が初入荷。ペロポネソス半島を含むギリシャ南部に分布します。
とがり気味の吻端やマッシブな体系などは基亜種に非常によく似ており、外観的な特徴も基亜種と明確な差は無いようです。サイズは大柄ではあるものの基亜種よりはやや小型で、最大18cm程度まで。
これぞと言う特徴が無いというのが、何とも最後のピースに相応しい、亜種コンプリしたいコレクター気質の愛好家向きですね(笑)。
画像 画像
\49800
テレストリスファイアサラマンダーCB
(ハイカラー)
Salamandra salamandra terrestris ドイツCB
和名はキスジファイア。CBが流通する西ヨーロッパのファイア亜種中では数が安定していますが、毎年ワイルドが流通する基亜種マダラファイアサラマンダーに比べると流通はそこまで多くはありません。
体色や模様には非常にバリエーションが多く、途切れた点線状やストライプ柄など、斑紋がライン状に並びがちです。
上がって少し経ったS~SMサイズ。点線状のストライプが走る通常個体に比べ黄色面積が広く、ストライプの幅も広めで途切れが殆ど無いハイカラー個体達。
※写真以外にも複数在庫有り。通販での完全な個体指定は承れません(模様の傾向程度でしたらOK)。
画像
\19800

3匹以上
\17800
/匹
テレストリスファイアサラマンダーCB
(セレクトハイカラー)
Salamandra salamandra terrestris ドイツCB
和名はキスジファイア。CBが流通する西ヨーロッパのファイア亜種中では数が安定していますが、毎年ワイルドが流通する基亜種マダラファイアサラマンダーに比べると流通はそこまで多くはありません。
体色や模様には非常にバリエーションが多く、途切れた点線状やストライプ柄など、斑紋がライン状に並びがちです。
上がって少し経ったS~SMサイズ。点線状のストライプが走る通常個体に比べ黄色面積が広く、ストライプの幅も広めで途切れが殆ど無いハイカラーの中でも、特に黄色面積の多いセレクト個体達。
※4匹在庫。通販での個体指定も可能です。
画像 画像
\25000
アルマンゾリス
ファイアサラマンダーCB
(セラ・デ・グレドス産)
Salamandra salamandra almanzoris ドイツCB
スペイン中央部のグレドス山地とその近郊に点在分布する亜種。最大でも20cm未満とコンパクトな全長の割に尾が短く胴太なので、コロンとした感じで重量感があります。よく張った耳線と、スポット状にポツポツと入る黄色い斑紋も特徴です。
スペインファイアやグレドスファイアとも呼ばれますが、同地域に別な亜種なども分布しておりややこしいので、素直にアルマンゾリス(元となった地名由来であればアルマンソール)と呼ぶのが間違いなさそうです。
分布地の代表であるグレドス山脈産のインフォメ付き。
個体A 画像
個体B 画像
\39800
モレニカファイアサラマンダーCB Salamandra salamandra morenica 快挙の国内CB!
ファイアサラマンダーの亜種中でも、現在欧州での種親が殆ど無いため出回ることがなかなかない亜種です。数年前に入荷できたアダルトペアから国内ブリーダーさんが素晴しい成果を出してくれました!
細かいスポット模様で、体型はポルトガルファイアのようにずんぐり。成長すると頭部中心に赤が鮮やかにのります。吻端が尖る西南系の亜種の中ではやや丸い鼻先で、後頭部は耳線がよく発達していてごつい感じがします。
※複数在庫有り。写真は代表個体です
画像 画像
\29800
ティンギタナ
ファイアサラマンダーCB
(ベニ・アロウス産)
Salamandra algira tingitana ドイツCB
珍!アルジェリアファイア(マグレブファイア)のレアな亜種ですが、以前入荷した水羊羹色で黄斑が無い北西端のCeuta産ではなく、黄色いブロッチが入る分布地中西部のBeni Arous(ベニ・アロウス)産です。
柄は無地に近いCeutaとは全く違い、どちらかと言えば基亜種のよう。しかし赤の成分は無く、細長めで不規則な黄色い斑が散ります。アルジェリアの亜種独特の細長い姿は健在。
画像 画像
\29800

3匹以上
\27800
/匹
フタユビアンフューマ L Amphiuma means 指で輪を作ったくらいの太さの大型個体
殆どウナギな水棲有尾類。とはいえ、なかなかに精悍な顔つきで、見ようによっては鮫っぽくも見え…でもやっぱりウナギ。たまに大口開けてあくびしたりするのでビックリします。
アダルトの顎の力は強いので指なんかくわえさせちゃ絶対ダメですよ。
実はちゃんと四肢性で、申し訳程度に着いた手足が少々笑えます。
ほぼ観賞魚な感じの完全水棲飼育で飼いますが、這い出てくることもあるのでフタは必ずして下さい。水温は高い方が吉。
画像 画像
\32000

無足類
Name Scientific name Comment Price
(税込)
ニシジャワ
アシナシイモリ
Ichthyophis hypocyaneus 超レア初入荷!
インドネシアはジャワ島西部の数カ所にのみ固有分布するアシナシイモリ。胴太でヌメッとした質感が増し増しで、アシナシイモリらしいエグさが強調されています。地色はコータオやバンナなどの同属種よりも黒々しており、黄色いストライプは非常に細く彩度も低い感じです。
他の地中性アシナシと飼育は同様でOK。
画像 画像
\35000


!!上下にメニューが表示されない方はこちらをクリック!!