!!上下にメニューが表示されない場合はこちらをクリック!!

・ヒョウモントカゲモドキ(レオパードゲッコー)在庫一覧
新着欄に掲載の生体は、まだこちらに移動されていない場合があります)
 
ヒョウモントカゲモドキ品種(原種系)
Name Scientific name Comment Price
(税込)

ヒョウモントカゲモドキCB
(マキュラリウス/
パキスタン産F1)
Eublepharis macularius これは良い!マキュラリウス作出で主流のGeckos etc.血統ではなく、昔一瞬流通したパキスタン産WC同士からのF1(第一世代)です。
地色が良い感じにくすんでいてブラックピグメントも細かく多数入ります。「レオパ」と言うより「ヒョウモントカゲモドキ」と読んでやりたくなる、野性味の強い良い感じの個体です。
画像 画像
Soldout

ヒョウモントカゲモドキCB
(マキュラリウス)
Eublepharis macularius スティーブ・サイクス(Geckos Etc.)CB
原種モルフの中でも基礎中の基礎で、これがレオパの祖型と言えます。
画像 画像
\19800
ヒョウモントカゲモドキCB
(TUGスノー×WCライン)
Eublepharis macularius 国内ブリーダー豹紋堂CB
TUGスノーにワイルドラインを敢えてかけ、ワイルドの重みに地色の白さを加えました
個体A 画像 画像
個体B 画像 画像
\21000

ヒョウモントカゲモドキ品種(ハイイエロー・ストライプ・ジャングル系&ジャイアント系)
Name Scientific name Comment Price
(税込)
ヒョウモントカゲモドキCB
(ハイイエロー)
Eublepharis macularius USACB。基礎中の基礎品種です。
地の黄色が強く、将来ハイイエローの名に恥じないような個体になりそうなものを厳選して入荷しています。
\9500
ヒョウモントカゲモドキCB
(ハイイエロー)
Eublepharis macularius スティーブ・サイクス(Geckos Etc.)CB
基礎中の基礎品種です。
地の黄色が強く、将来ハイイエローの名に恥じないような個体になりそうなものを厳選して入荷しています。
\9500
ヒョウモントカゲモドキCB
(ジャングル)
Eublepharis macularius USACB。
幼体時の柄がバンド状ではなく不規則に乱れ、尾のリング柄も変わった模様になるジャングル。基本的に個体ごとに柄が違うので、デザーナーズと呼ばれることも。
成長しても面白い柄が消えずに残る場合もあります。
\11000
ヒョウモントカゲモドキCB
(ボールドジャングル)
Eublepharis macularius 国内ブリーダー爬厨CB
濁りのないイエローの原色地に、黒い縁取り枠がくっきり太く目立ちます。固定品種ではなく血統品種なので個体毎に柄が異なり、個性的な模様を選ぶ楽しみがあります。
幼体
個体A 頭部 背部
個体B 頭部 背部 Soldout
\19800
ヒョウモントカゲモドキCB
(ボールドストライプ)
Eublepharis macularius スティーブ・サイクス(Geckos Etc.)CB
油性マーカーで引いたような太くくっきりとした黒いストライプ模様がインパクトの強いモルフです。
性別はまだ未確定
画像 画像
\19000
ヒョウモントカゲモドキCB
(バンディット)
Eublepharis macularius 当店ブリーディングファシリティーCB
自信作です!くっきり太い枠が目立つ、ドイツのLeopardgecko Mudnessライン。
ベビーサイズ性別不明
画像 画像
\38000
ヒョウモントカゲモドキCB
(バンディットボールド)
Eublepharis macularius 国内ブリーダー豹紋堂(旧爬厨)CB
バンディットボールドとは、バンディット同士の親から得られた子のうち、太くくっきりした縁取りはそのままに、鼻先の髭状模様だけが無い個体を表します。他の部分はバンディットと何ら変わりませんが、鼻先の髭模様が無い個体をバンディット(山賊)と呼ぶには憚られるとのことで、ブリーダーさんが呼び分けています。ちなみにバンディットの鼻先模様は言ってしまえば個体差で、このバンディットボールド同士をかけあわせても再び髭模様付きのバンディットは出てきます。
画像 画像
\28000
ヒョウモントカゲモドキCB
(バンディットボールド/
マンダリンクロスライン)
Eublepharis macularius 国内ブリーダー爬厨CB
これは良い!バンディット/ボールド系に拘るブリーダーの新たな方向性。マンダリンを取り入れることにより、従来のイエロー地ではなくオレンジ地のバンディット/ボールドを志したライン。メリハリ効いた太ラインが地色の濃いオレンジに映えます!
幼体
個体A 頭部 背部
個体B 頭部 背部
個体C 頭部 背部
\34000
ヒョウモントカゲモドキCB
(ハロウィンマスク)
Eublepharis macularius スティーブ・サイクス(Geckos Etc.)CB
成長すると体の柄は消え、頭部にだけドクロのような模様が残る面白いラインブリード
画像 画像
\29000
ヒョウモントカゲモドキCB
(ゴジラジャイアント)
Eublepharis macularius スティーブ・サイクス(Geckos Etc.)CB
ご存じGeckos etc社の十八番。ずっしり大型になるジャイアントの中でも有名なブラッドラインです。ノンアルビノ。
性別はまだ未確定
画像 画像
\35000

ヒョウモントカゲモドキ品種(ハイポ・タンジェリン・ハイポタンジェリン系)
Name Scientific name Comment Price
(税込)
ヒョウモントカゲモドキCB
(タンジェリン)
Eublepharis macularius 国内CB
特にブランド血統では無い無印タンジェリンですが良い色出てきそう。
画像 画像
\12000
ヒョウモントカゲモドキCB M
(タンジェリン)
Eublepharis macularius 飼い込みヤングサイズのメス。無印ですが発色はなかなか
画像 画像
\15000
ヒョウモントカゲモドキCB
(タンジェリンバンディットクロス)
Eublepharis macularius 国内ブリーダー豹紋堂(旧爬厨)CB
黒部分を太くくっきりさせるべくバンディットを取り入れたタンジェリンです。
SMサイズ。性別はまだ不確定。
画像 画像
\22000
ヒョウモントカゲモドキCB
(エメリン)
Eublepharis macularius 国内CB
タンジェリンの一血統で、黄色部分が黄緑がかるのが大きな特徴のエメリン。我々アジア人は緑色の感度が低いため欧米人程グリーンに見えませんが、この個体はそうした中でも十分黄緑みを感じられる色合いです。ストライプ状に入るタンジェリンオレンジがまた黄緑を引き立たせています。
性別はまだ不確定
頭部 背部
\39800
ヒョウモントカゲモドキCB
(オレンジグリーンタンジェリン)
Eublepharis macularius 極美!
USAの新鋭ブリーダー作、オリジナルブランドの濃厚タンジェリンです。バンド状のグリーンも発色しており、非常に賑やかな見た目です。
国内でもそうですが、タンジェリンは血統の配合によってかなり方向性が枝分かれするので、どのような理想形を目指すかブリーダーのデザインセンスが問われるモルフです。
メス
頭部 背部
\49800
ヒョウモントカゲモドキCB
(ブラッドタンジェリン)
Eublepharis macularius 拘りの国内ブリーダーさんが作る、濃厚なブラッド系タンジェリン。
オレンジレッドの濃さのみならず、点々と存在感を主張する大ぶりなブラックドットや、幼体色のラベンダーバンドの豊かさも良い感じです!
Sサイズ
個体A 画像 画像
個体B 画像 画像
\24000
ヒョウモントカゲモドキCB
(ブラッド&クラウンG)
Eublepharis macularius 国内ブリーダーGeckoholicCB
ブラッドとクラウンG(クラウングリーンプロジェクト)という別血統のタンジェリンの組み合わせで発色の向上を狙っています。ブラッドの濃厚な赤とオレンジ、クラウンGの黄緑が入り乱れ、賑やかな色合いです。
ベビーから育ったMSサイズのメス
画像 画像
\29800
ヒョウモントカゲモドキCB M
(パープルブラッド)
Eublepharis macularius USAブリーダーの極美血統ブラッド!
背に広く明るく濃い紫色の斑が広がり、地色の赤みも強い豪華な色合いです。
頭部 背部 画像
\58000
ヒョウモントカゲモドキCB ML
(ハイポタンジェリン パラドックス)
Eublepharis macularius 珍!肩口にインクが広がったような大きいブラックパッチを持つインパクトあるパラドックス。
元々が綺麗な黄金色のハイポタンジェリンなので、黒のパッチが異様に引き立っています。
MLサイズのオス
画像 画像
\85000

ヒョウモントカゲモドキ品種(メラニスティック系)
Name Scientific name Comment Price
(税込)
ヒョウモントカゲモドキCB ML
(ブラックナイト)
Eublepharis macularius オランダCB
至高の黒系モルフ。フルでこそありませんが、ベースカラーも斑紋部もかなり黒々と染まったなかなかの上物です。虹彩が銀白色で黒い体に反して目立つのも、良いブラックナイトならではの特徴です。
ヤングサイズメス
頭部 背部
\250000

ヒョウモントカゲモドキ品種(トレンパーアルビノとそのコンボ品種)
Name Scientific name Comment Price
(税込)
ヒョウモントカゲモドキCB
(トレンパーアルビノ)
Eublepharis macularius USACB
ピンクからラベンダーのバンドに黄色い地色がファンシーな、基本中の基本モルフです。
個体A 頭部 背部
個体B 頭部 背部
個体C 頭部 背部
個体D 頭部 背部
\11000
ヒョウモントカゲモドキCB
(トレンパーアルビノジャングル)
Eublepharis macularius USACB
定番モルフの一つ、トレンパーアルビノのジャングルです。
今更感もありますが、ジャングルとは通常バンド状の幼体斑が乱れ、不規則なブロッチ状になったり途切れたストライプ状になる模様の変異(アベラント)です。柄の形状は個体ごとに異なるので、好みのデザインを選ぶ楽しみもあります。
アンセクシュアルSサイズ
画像 画像
\14000
ヒョウモントカゲモドキCB
(トレンパーアルビノ
ジャングル)
Eublepharis macularius スティーブ・サイクス(Geckos Etc.)CB
定番モルフの一つ、トレンパーアルビノのジャングルです。
今更感もありますが、ジャングルとは通常バンド状の幼体斑が乱れ、不規則なブロッチ状になったり途切れたストライプ状になる模様の変異(アベラント)です。柄の形状は個体ごとに異なるので、好みのデザインを選ぶ楽しみもあります。
アンセクシュアルSサイズ
個体A 画像 画像
個体B 画像 画像
\16000
ヒョウモントカゲモドキCB
(タンジェリン
トレンパーアルビノ)
Eublepharis macularius 国内ブリーダー豹紋堂(旧爬厨)CB
タンジェリンを組み込んでコントラストと地色を底上げしたトレンパーアルビノ。タンジェリンの濃さがしっかり出ていて綺麗です!
SMサイズ。性別はまだ不確定。
個体A 画像 画像
個体B 画像 画像
\19800
ヒョウモントカゲモドキCB ML
(シナモントレンパーアルビノ
ジャングル)
Eublepharis macularius USACB飼い込みヤングメス
トレンパー氏が過去リリースしていた、色味を暗く深くさせるラインブリード(?)のトレンパーアルビノです。
画像 画像
\19800
ヒョウモントカゲモドキCB
(トレンパーアルビノ
リバースストライプ)
Eublepharis macularius スティーブ・サイクス(Geckos Etc.)CB
最近サイクス氏のレギュラー販売リストに加わった、インパクトある美コンボ。
暗色部が体の正中線上に太くストライプ状に残るのが特徴で、暗色部が左右に走る通常のストライプとは逆の配色。ストライプが成長に連れて地色に溶け込んでいくのに対し、リバースストライプでは比較的はっきりと模様が残るのも特徴です。
アンセクシュアルSサイズ
頭部 背部
\14000
ヒョウモントカゲモドキCB
(トレンパーアルビノ
レッドストライプ)
Eublepharis macularius スティーブ・サイクス(Geckos Etc.)CB
レッドストライプはパターンレスに近い別血統のストライプで、左右の暗色ストライプの縁取りと地色の境界が赤みがかります。暗色の色は成長に伴い地色に溶け込みますが、赤い縁取り枠部分は点線状或いは細い線状に残るため、レッドストライプの名があります。
これはアルビノコンボで色彩を更に明るくさせています。成長に伴い地色も縁取りの赤いラインも強くなっていきます。
アンセクシュアルSサイズ
頭部 背部
\19000
ヒョウモントカゲモドキCB
(トレンパーアルビノ
バンディット)
Eublepharis macularius バンディット系に拘る国内ブリーダー、爬厨CB
太い縁取り枠模様に、しっかりと鼻先の髭模様も出ているトレンパーアルビノ版バンディット。成長に伴う柄のぼやけや消失を極力抑えるため、ブラックピグメントが濃い血統と温度管理で作出されています。
画像 画像
\35000
ヒョウモントカゲモドキCB M
(ゴジラジャイアント
トレンパーアルビノ)
Eublepharis macularius USACB
人気の高い大型血統。ジャイアント系は頭幅も広く、ノーマルとは体型からしてかなり感じが異なります。重量感も出てきたヤングサイズオス
画像 画像
\39800
ヒョウモントカゲモドキCB
(ゴジラジャイアントサングロー)
Eublepharis macularius スティーブ・サイクス(Geckos Etc.)CB
サイクス氏十八番のスーパージャイアントであるゴジラジャイアントにトレンパーサングローを組み合わせたコンボ。蛍光オレンジの巨大なレオパを目指せます。
幼体時からエラの張った頭が大型化を予兆させます。
性別は不明
頭部 背部
\39800
ヒョウモントカゲモドキCB
(トレンパーサングロー)
Eublepharis macularius スティーブ・サイクス(Geckos Etc.)CB
色味の強いスーパーハイポタンジェリンのアルビノがサングロー。これは流通の多いトレンパーアルビノのサングローです。元となったスーパーハイポタンジェリンの色合いによって色味の方向性が多岐に渡りますが、これは蛍光調の明るい色彩の個体。
アンセクシュアルSサイズ
画像 画像
\18000
ヒョウモントカゲモドキCB
(サイクスエメリン
トレンパーアルビノ)
Eublepharis macularius スティーブ・サイクス(Geckos Etc.)CB
ゴジラジャイアントと並びサイクス氏のお家芸であるサイクスエメリンとトレンパーアルビノのコンボ。濃厚な色味がこってりと発色しています。
オス
'20/2、画像更新
画像 画像
\36000
ヒョウモントカゲモドキCB L
(サイクスレインボー
トレンパーアルビノ)
Eublepharis macularius USACB飼い込み
白・黄・オレンジ・薄黄緑の太いストライプを持つ賑やかな色合いです。
アダルトメス
画像 画像
\32000

ヒョウモントカゲモドキ品種(ベルアルビノとそのコンボ品種)
Name Scientific name Comment Price
(税込)
ヒョウモントカゲモドキCB
(ベルアルビノ)
Eublepharis macularius スティーブ・サイクス(Geckos Etc.)CB
3種のアルビノの中では最も後発でリリースされたアルビノで、虹彩の赤さが他より強いのと、斑紋部が点線状に残りやすく、それが紫のドットのような独特なテクスチュアを感じさせるのが特徴です。地色も濃いめの個体が多いです。
アンセクシュアルの幼体。
画像 画像
\13000
ヒョウモントカゲモドキCB
(ベルアルビノストライプ
/Het.RADAR)
Eublepharis macularius 国内ブリーダー爬厨CB。
ベルアルビノの濃いめの色柄がストライプに良く合います。幼体時からオレンジみがなかなか濃く、黄色とオレンジ、ラベンダーの賑やかな色調になりそうです。
アンセクシュアルの幼体。
画像 画像
\16000
ヒョウモントカゲモドキCB
(ベルアルビノレッドストライプ)
Eublepharis macularius スティーブ・サイクス(Geckos Etc.)CB
ベルアルビノとレッドストライプのコンボモルフ。元となるレッドストライプがセレクト要素も含まれるポリジェネティック品種なので、同名でもかなり表現に開きがあります。
これは幼体時から色濃く、ストライプ部分のコントラストがはっきりしている良い感じの個体。こういう個体は成長後も綺麗に赤みを帯びたストライプが残ります。
頭部 背部
\23000
ヒョウモントカゲモドキCB
(ベルサングロー)
Eublepharis macularius スティーブ・サイクス(Geckos Etc.)CB
色味の強いスーパーハイポタンジェリンのアルビノがサングロー。これはベルアルビノのサングローです。元となったスーパーハイポタンジェリンの色合いによって色味の方向性が多岐に渡りますが、この個体は蛍光イエローが強いタイプです。
アンセクシュアルSサイズ
画像 画像
\18000

ヒョウモントカゲモドキ品種(レインウォーターアルビノとそのコンボ品種)
Name Scientific name Comment Price
(税込)
ヒョウモントカゲモドキCB
(レインウォーターアルビノ)
Eublepharis macularius スティーブ・サイクス(Geckos Etc.)CB
3種のアルビノのうちでは流通数が最も少ないレインウォーターアルビノ。柔らかで控えめの色合いと、ほぼ黒に近いくらい色の瞳がアルビノ系のきつい表情を和らげるため密かに人気です。
アンセクシュアルSサイズ
頭部 背部
\15000
ヒョウモントカゲモドキCB
(レインウォーターアルビノ
ジャングル)
Eublepharis macularius スティーブ・サイクス(Geckos Etc.)CB
3種のアルビノのうちでは流通数が最も少ないレインウォーターアルビノ。柔らかで控えめの色合いと、ほぼ黒に近いくらい色の瞳がアルビノ系のきつい表情を和らげるため密かに人気です。
これは背の柄がブロック状に乱れたジャングル。
アンセクシュアルSサイズ
頭部 背部
\18000
ヒョウモントカゲモドキCB
(レイニングレッドストライプ)
Eublepharis macularius 当店ブリーディングファシリティーCB
発色度合いにばらつきがあるのでレベルごとに定価変えています。
ベビーサイズ性別不明
画像 画像
\19800
ヒョウモントカゲモドキCB
(レイニングレッドストライプ)
Eublepharis macularius 当店ブリーディングファシリティーCB
発色度合いにばらつきがあるのでレベルごとに定価変えています。
ベビーサイズ性別不明
画像 画像
\24000

ヒョウモントカゲモドキ品種(ブリザード・マーフィーパターンレス(リューシスティック)とそのコンボ品種)
Name Scientific name Comment Price
(税込)

ヒョウモントカゲモドキCB
(ブリザード)
Eublepharis macularius USACB
薄い紫からライトグレー、明色時は白~オフホワイト一色の模様を持たない人気品種。
アンセクシュアルのベビー

※写真は代表個体です(個体差の少ないモルフのため、個別画像は掲載していません)
\13000
ヒョウモントカゲモドキCB
(ブレイジングブリザード)
Eublepharis macularius USACB。
アルビノを加えることにより黒ずみを更に押さえた人気品種。
アンセクシュアルベビー

※写真は代表個体です(個体差の少ないモルフのため、個別画像は掲載していません)
\18000
ヒョウモントカゲモドキCB
(マーフィーパターンレス)
Eublepharis macularius USACB
定番モルフの一つ。日本でのみ通じる通称名は「リューシスティック」で、正式名称はマーフィーパターンスと言います。
幼体時は虫食い状の柄がありますが、成体になると消失し、クリーム色から明るいイエローグレー一色になる古典的な品種です。
アンセクシュアルのベビー
※写真は代表個体です(個体差の少ないモルフのため、個別画像は掲載していません)
\12000

ヒョウモントカゲモドキ品種(マックスノー・スーパーマックスノーとそのコンボ品種)                       
Name Scientific name Comment Price
(税込)
ヒョウモントカゲモドキCB
(マックスノー)
Eublepharis macularius USACB
人気の美白モルフ。できるだけ地色が白っぽい個体をハンドピックセレクトしています。
画像 画像
\13000
ヒョウモントカゲモドキCB
(マックスノー)
Eublepharis macularius USACB
人気の美白モルフ。できるだけ地色が白っぽい個体をハンドピックセレクトしています。
画像 画像
\14000
ヒョウモントカゲモドキCB
(マックスノー
ボールドジャングル)
Eublepharis macularius スティーブ・サイクス(Geckos Etc.)CB
美白な地色に太く縁取られたジャングル柄が良い案配
画像 画像
\19800
ヒョウモントカゲモドキCB
(マックスノーボールドジャングル)
Eublepharis macularius 国内ブリーダー爬厨CB
色白な卵色のボディーに、大ぶりなドットで黒く縁取られたジャングル柄が映えます。
Sサイズオス
画像 画像
\19800
ヒョウモントカゲモドキCB
(マックスノー
ボールドストライプ)
Eublepharis macularius スティーブ・サイクス(Geckos Etc.)CB
ワイルド個体同士から累代し、他品種をかけていない野生型あるいは原種と呼ばれるモルフの一つ。大ぶりで密集したドットが広く散るような柄になり、ずんぐり気味な体型をしているのが特徴の原種系モルフです。モンテンとも呼ばれます。
個体A 頭部 背部
個体B 頭部 背部
\23000
ヒョウモントカゲモドキCB
(マックスノー
トレンパーアルビノ)
Eublepharis macularius USACB
トレンパーアルビノとマックスノーのコンボ。色合いが柔らかです。
ベビー
個体A 画像
個体B 画像
\14000
ヒョウモントカゲモドキCB
(マックスノー
トレンパーアルビノ)
Eublepharis macularius USACB
トレンパーアルビノとマックスノーのコンボ。色合いが柔らかです。
MSサイズ
画像
\16000
ヒョウモントカゲモドキCB
(マックスノートレンパーアルビノ
/Het.スーパージャイアント)
Eublepharis macularius 国内ブリーダー豹紋堂(旧爬厨)CB
色合いが柔らかなトレンパーアルビノとマックスノーのコンボ。これはヘテロでスーパージャイアントの因子を持っています。スーパージャイアントは従来共優性遺伝とされていましたが、近年劣性遺伝だということが判明し、親の情報がある個体にヘテロの表記が成されるようになりました。(ゴジラジャイアントやトレンパージャイアント等ブランドもののジャイアントも同様)。
個体A 画像 画像
個体B 画像 画像
\18000
ヒョウモントカゲモドキCB
(トレンパーアルビノ
マックスノーボールド)
Eublepharis macularius バンディット系に拘る国内ブリーダー、爬厨CB
ボールドにマックスノーとアルビノを組み入れることにより、裏白い地肌に太い焦げ茶ラインを実現した実験作。
アルビノの明るさでボールド柄が飛んでしまうのを避けるため、敢えてメラニン色素が強い濃いめのラインと温度管理で作成しています。
画像 画像
\22000
ヒョウモントカゲモドキCB
(スーパージャイアント
マックスノートレンパーアルビノ
/トレンパーライン)
Eublepharis macularius "fasciolatus" 国内ブリーダー爬厨CB
スーパージャイアントの本家本元であるロン・トレンパー氏本人CBのスーパージャイアントから累代している、ブリーダー拘りの血統。
マックスノーとトレンパーアルビノが加わり、ずっしり大型で淡い色調の個体になります。既に幼体時から大きな頭部と重量感のある体格が見て取れます。
性別は不明
頭部 背部
\42000
ヒョウモントカゲモドキCB
(マックスノー
マーフィーパターンレス)
Eublepharis macularius USACB
クリーム色から黄色みを抜いたマックスノーとマーフィーパターンレス(日本ではリューシスティックの呼び名でお馴染み)のコンボです。

※写真は代表個体です(個体差の少ないモルフのため、個別画像は掲載していません)
\19000
ヒョウモントカゲモドキCB
(マックスノー
アルビノリューシスティック)
Eublepharis macularius USACB
クリーム色から黄色みを抜いたマックスノーとマーフィーパターンレス(日本ではリューシスティックの呼び名でお馴染み)のコンボに、更にトレンパーアルビノを加えることによって黒ずみを消しています。猫目状で分かりにくいですが、瞳は赤になります。
※写真は代表個体です(個体差の少ないモルフのため、個別画像は掲載していません)
\19000
ヒョウモントカゲモドキCB
(マックスノーブリザード)
Eublepharis macularius スティーブ・サイクス(Geckos Etc.)CB

画像 画像
\21000
ヒョウモントカゲモドキCB
(スーパーマックスノー)
Eublepharis macularius USACB一番人気のウル目ちゃん。現在全世界的に需要が急増し、ベーシックモルフの中でもやや高騰気味です…。
実はスポットのサイズや並び方に個体差が激しく、バリエーション豊かな品種です。
ベビーサイズ
画像 画像
\19800
ヒョウモントカゲモドキCB L
(スーパーマックスノー)
Eublepharis macularius 一番人気のスーマク。
アダルトオス
画像 画像
\24000
ヒョウモントカゲモドキCB
(スーパーマックスノートレンパーアルビノ)
Eublepharis macularius USAB
ピンクがかった白に薄い藤色のスポット、ワインレッドのウル目。
スーパーマックスノーとそのコンボは現在全世界的に需要が急増し、ベーシックモルフの中でも特に価格が高騰しています…。
画像 画像
\28000
ヒョウモントカゲモドキCB
(プラチナム)
Eublepharis macularius USACB
スーパーマックスノーとマーフィーパターンレス(リューシスティック)のコンボの別名です。なぜこのコンボだけ別名があるのでしょうか?
紫みのあるシルバーグレー一色の体で、背の中心部には薄く細い明色ラインが見えます。両目は完全に真っ黒のウル目。
アンセクシュアル
画像 画像
\22000
ヒョウモントカゲモドキCB
(スーパーマックスノーブリザード)
Eublepharis macularius スティーブ・サイクス(Geckos Etc.)CB

画像 画像
\27000

ヒョウモントカゲモドキ品種(GEMスノー、TUGスノーとそのコンボ品種)
Name Scientific name Comment Price
(税込)
ヒョウモントカゲモドキCB
(GEMスノーボールドジャングル)
Eublepharis macularius スティーブ・サイクス(Geckos Etc.)CB
3種のスノーの中で、一番流通量の少ないGEM(ジェム)スノーです。優性遺伝とも血統遺伝ともされていますが、白さの度合いにばらつきがあるマックスノーに比べて均一に白ベースになる傾向があり、人気があります。これは更にボールドジャングルが加わり、白地にくっきりと黒が点描される表現になります。
アンセクシュアルの幼体。
画像 画像
\29800
ヒョウモントカゲモドキCB
(TUGスノー)
Eublepharis macularius スティーブ・サイクス(Geckos Etc.)CB
マックスノーとは異なりラインブレッドの別血統スノー。白さ自体ではマックスノーを上回る個体も多く人気ですが、球数が少なくあまり見られません。
SMサイズのオス
画像 画像
\29000
ヒョウモントカゲモドキCB
(ファントム/Het.エクリプス)
Eublepharis macularius 国内新鋭ブリーダーさんCB
見掛ける機会の少ないマイナーコンボ。ハイポタンジェリン+トレンパーアルビノ+TUGスノーの組み合わせで、薄白のベースにほんのりと柔らかなオレンジが薄く出る幻想的なコンボです。
画像 画像
\28000

ヒョウモントカゲモドキ品種(エクリプスorエクリプスの入ったコンボ品種)
                               
Name Scientific name Comment Price
(税込)
ヒョウモントカゲモドキCB
(RAPTOR
/ソリッドアイ)
Eublepharis macularius スティーブ・サイクス(Geckos Etc.)CB
表記付いていませんが多分W&Y入りと思われるパステル調の美しい色柄
画像 画像
\34000
ヒョウモントカゲモドキCB
(RAPTOR/Het.ディアブロブランコ)
Eublepharis macularius スティーブ・サイクス(Geckos Etc.)CB
特にマックスノー入りのインフォメーションはありませんでしたが、色白度合いからするとその可能性もありそう。斑紋部はパステル調の美しいグラデーションがあります。
ヘテロでブリザードの因子を持っています。
アンセクシュアルSサイズ
頭部 
背部
\27000
ヒョウモントカゲモドキCB
(パイドトータルエクリプス/PossHet.RAPTOR)
Eublepharis macularius ドイツハムショー便
ハンガリーの売れっ子ブリーダー、H&KGeckosのハイクオリティーなレオパです。
エクリプスとスーパーマックスノーのコンボであるトータルエクリプスは、鼻先や頭頂部、体側などが白く抜けて、通常のスーパーマックの愛らしさに妖しさも加わった魅力的なモルフです。この個体は更に尾なども白抜けが広がったパイドが発現しています。
ポッシブルヘテロでRAPTORの因子持ちの可能性あり。
頭部 背部
\45000
ヒョウモントカゲモドキCB
(マックスノーRAPTOR)
Eublepharis macularius スティーブ・サイクス(Geckos Etc.)CB
マックスノーが加わり地色が白く、模様部分も柔らかく淡い色調になったRAPTOR。両目ソリッドアイで可愛らしさも満載です。
アンセクシュアルSサイズ
画像 画像
\25000
ヒョウモントカゲモドキCB ML
(スーパースノーRAPTOR)
Eublepharis macularius 韓国CB
再び人気うなぎ登り中のスーパーマック系コンボ。これは、淡いピンクパープルの柄にダークレッドのウル目が魅力的なRAPTORとのコンボです。
ヤングアダルトメス
画像 画像
\27000
ヒョウモントカゲモドキCB
(ディアブロブランコ
/ソリッドアイ)
Eublepharis macularius スティーブ・サイクス(Geckos Etc.)CB
初登場以来人気の衰えぬ、ワインレッドアイでオフホワイトボディーのRAPTOR+ブリザードのコンボモルフ。個体により目の色合いは濃い薄いがあり、黒に近いものから赤みの強いものまで様々。これは透明感のあるディープワインレッドなソリッドアイの個体です。
頭部 背部
\32000
ヒョウモントカゲモドキCB ML
(ホワイトナイト)
Eublepharis macularius CB飼い込みヤングアダルト
白系モルフの至高の一つである、ベルブレイジングブリザード+エクリプスのトリプルコンボ。明るいミルキーホワイト一色の体に、真っ赤な目の清楚かつ妖艶な色合いです。飼い込みヤングメス。
メス
画像 画像
\52000

ヒョウモントカゲモドキ品種(エニグマorエニグマが入ったコンボ品種)
Name Scientific name Comment Price
(税込)
ヒョウモントカゲモドキCB
(ブラックホール)
Eublepharis macularius スティーブ・サイクス(Geckos Etc.)CB
球数少ないプチレアモルフ。エニグマ+エクリプス+マックスノーのトリプルコンボ。エニグマエクリプスであるBEEにマックスノーが加わったことにより地の白さが増し、ちょっと病的にも見える不健康そうな(笑)柄の不気味さと、顔つきの可愛らしさが一つのモルフに同居していてなかなかの人気品種です。
性別は不明
頭部 背部
\44000
ヒョウモントカゲモドキCB
(ノヴァ)
Eublepharis macularius スティーブ・サイクス(Geckos Etc.)CB
華やかな色味の、エニグマ+RAPTORのコンボ。ノヴァ(NOVA)とは「新星」という意味合いで、ブラックホール等と同じく天文用語シリーズの遊び心で命名されたものです。
アンセクシュアルSサイズ
画像 画像
\29000
ヒョウモントカゲモドキCB
(ドリームシクル) ML
Eublepharis macularius スティーブ・サイクス(Geckos Etc.)CB
マックスノーとエクリプス、エニグマにトレンパーアルビノが加わったクアトロコンボ!ピンク水玉風のメルヘンな色柄とネーミングが人気です。
オス
画像 画像
\45000

ヒョウモントカゲモドキ品種(ホワイトアンドイエローorホワイトアンドイエローの入ったコンボ品種)
Name Scientific name Comment Price
(税込)
ヒョウモントカゲモドキCB
(ホワイト&イエローTUGスノー)
Eublepharis macularius 国内ブリーダー豹紋堂CB
美!TUGスノーの白さがW&Yの柄退縮と明色化作用に見事マッチしたお化粧姿。
画像 画像
\29800

!!上下にメニューが表示されない方はこちらをクリック!!