!!上下にメニューが表示されない場合はこちらをクリック!!

・ヘビ類在庫一覧
新着欄に掲載の生体は、まだこちらに移動されていない場合があります)
ナミヘビ(ミズヘビ、ミズベヘビ、ユウダ、ガーター他半水棲・水棲種)・ヤスリヘビ
Name Scientific name Comment Price
(税込)
ジャワヤスリヘビ S Acrochordus javanicus 象の鼻のようなぶわぶわ感に、小石を埋め込んだような目をした完全水棲種。名の通り皮膚はヤスリ状で、他のヘビとは全く異なった質感です。
扱いやすいSサイズ。他の水棲ヘビ同様、餌は小赤などの魚類です。
複数在庫有り
画像 画像
\22000
ヒロクチミズヘビ
(リューシスティック)
Homalopsis buccata 珍しいヒロクチミズヘビの色彩変異です!
これは凄い!シナミズではなく大型で太くなるヒロクチミズヘビの白変なので、成長時のボリューム感もひとしお。真っ白無垢な体につぶらな黒目で可愛さ倍増しています。鼻先だけ元の色がチョンと残っているのが、犬の鼻のようでまた何とも愛嬌を感じさせますね。
画像 画像
\198000
イースタンガーターCB
(フロリダフォーム)
Thamnophis sirtalis sirtalis "Florida" USACB
トウブガーターは分布が広く色彩バリエーションが非常に豊富な亜種で、黒い地色のものからオリーブ色、レッドラインが入るもの、青みがかった地色になるものなど様々。
フロリダ半島産は全体的に青から青緑がかりチェッカー柄が激しく、「フロリダ(ブルー)フォーム」と呼ばれ区別されます。かなり地域性に基づいた色彩バリエーションなので、別亜種に近いと思います。
幼体時は殆ど目立ちませんが、成長に連れて地色に青みが強まっていきます。
流通名が「フロリダブルーガーター」で、より入手の難しい別亜種アオスジガーターも同じ流通名のためまがい物的な扱いを受けることがありますが、本亜種にはこれ独特の美しさがあります。
メダカを食べる幼体サイズ。雌雄は不明
複数在庫ありますが、個体差は殆ど無いので個別画像は割愛します。
画像
\18000
オレゴンレッドスポットガーターCB Thamnophis sirtalis concinnus ドイツCB
ベニガーターヘビ。美麗ガーターの中でも青みが一切無く、真っ黒ボディーに赤いスポット、蛍光イエローのセンターラインが毒々しささえある美種。北米産ですが生息地は亜種中でも狭く、サンフランシスコやピッカリングらと並んでなかなか一般流通しません。
画像 画像
\48000
カリフォルニアレッドサイドガーターCB Thamnophis sirtalis infernalis ドイツCB
極美種サンフランシスコにも負けない派手なガーターです。サンフランシスコのスカイブルーとはちょっと違う、少し黄緑がかった水色のストライプと黒の地色、ベッタリと赤いスポット状のサイド模様が非常に目を惹きます。まだ幼体サイズですが、成長するとブルーの面積が広がりどんどん色味が良くなっていきます。
オス
画像 画像
\45000
チェッカーガーターWC Thamnophis marcianus 名の通りチェッカー模様を持つガーターヘビです。アルビノの美しさには定評がありますが、ノーマルもまた綺麗なヘビです。最近ではアルビノばかりで、意外とノーマルは見かけないかも。
明るいオリーブ色の地色に黒い市松模様の斑がしゃれています。正中線はクリーム色のストライプで頭部はカーキ色。同系統の色調でまとまりながら、結構色み豊かですね。
画像 画像
\18000
イースタンブラックネックガーターCB Thamnophis cyrtopsis ocellatus トウブクロクビガーター。
青みがかったライトグレーの頭部、黒の大柄なブロッチとオレンジのセンターラインが鮮烈な美種です。他のガーターにはない本種ならではのカラーリングは非常に目を惹きます。
画像 画像
\42000
ジャワソウカダCB Fowlea melanozostus 古参のマイナー蛇ブリーダー、まだら汁氏の国内CB!
かつては別属のクロスジソウカダと同一視されていた、より大きくて太い体格のソウカダ。薄ベージュの地色に細いブラックライン、成体では太めの体型とつぶらな瞳が独特です。
ヒバカリやガータースネークと同じく水辺の蛇で、魚類を中心に食べます。
画像 画像
\9800

ナミヘビ(主に昆虫食、無脊椎動物食、他専門食の仲間)
Name Scientific name Comment Price
(税込)

ナミヘビ(主にヤモリ・トカゲ食、カエル食の仲間)
Name Scientific name Comment Price
(税込)
オオメムチヘビ Ahaetulla mycterizans 珍!ムチヘビ属の中でも一際大きな目を持ち、短めで上反りな吻端と相まって鳥っぽさが倍増しています。
ムチヘビ属はヘビの中で最も視力が良く、前方は勿論後方まで見渡せる広い視界を持ちます。本種も、頭を持ち上げた姿勢で辺りを隈無く睥睨します。
マレー半島とスンダ列島西部に分布しますが、おそらく複数の隠蔽異種があると思われ、地域によってタイプが異なります。
今回の個体はマレー半島産。
画像 画像 画像
\22000

アカメシベットヘビ
Phisalixella arctifasciatus レア!マダガスカルの珍蛇、シベットヘビ達の中でも入手困難な種です。
胴に対して異様とも思えるほど細く長い頸部と尾、更に幅広く扁平な頭部という何ともアンバランスな体型をした素晴らしい珍蛇です。
色調は飴色で、細く薄い虎縞模様が並びます。最も特徴的なのは真っ赤な虹彩!大きな頭部に赤い虹彩で、細い首をゆらゆらさせながら進んでいる様は珍蛇と言うより珍奇な昆虫のようです!
この仲間の常として、ヤモリやトカゲなどの爬虫類、もしくは両生類食いです。今回入荷個体はどれもヤモリに餌付いています(活・冷凍問わず。ピンセットからOK)。
画像 画像 画像
\49800
アカマダラCB
(パターンレスアルビノ)
Dinodon rufozonatum rufozonatum 香港CB
美!アカマダラもCB化され、色々なモルフまで出てくる時代になりました。
原種とは大きくイメージが変化するパターンレスを更にアルビノ化したコンボモルフ。原種のビザールな妖艶さは薄れ、北米産キングスネーク類のニューモルフのような派手な蛍光調の色合いになっています!
メス
個体A 画像 画像
個体B 画像 画像
\46000
ムラサキククリィヘビ
(スオウククリィヘビ)Baby
Oligodon purpurascens 幼体サイズ
紫ククリィの名で知られていますが、紫と言うよりは渋めの赤褐色から紫褐色などの単色のククリィヘビ。これらとは別に赤みの強い色彩型があり、体色の蘇芳色(暗い赤)から古くはスオウククリィの名もあります。今回のはスタンダードなタイプ。
幼体時はライトベージュに暗色のバンドがはっきり並び、ベニヘビ類等を思わせる柄をしており、成体とは同じ褐色型の色彩タイプでもまるっきり色柄が違います!
画像 画像
\28000
デューブククリィヘビ Oligodon deuvei レア!おそらく商業流通は初めての、2008年記載の新顔ククリィヘビ。
ベトナムとタイの一部に分布します。ククリィヘビの中ではわりとスレンダーな体型で、落着いたグレーベージュの地で背にはオリーブ色から金褐色の編み込み模様のようなラインが走ります。
腹部は鮮やかな赤と黒褐色の市松模様。
個体A 画像
個体B 画像
\65000

ナミヘビ(セイブシシバナヘビの品種、その他シシバナヘビ近縁種)
Name Scientific name Comment Price
(税込)
セイブシシバナヘビCB
(ノーマル/Het.ラベンダー)
Heterodon nasicus 台湾CB
ヘテロでラベンダー因子持ちのポテンシャル高い個体。ノーマルとしての見た目も赤みの強めな良い色味です。
メス
画像 画像
\58000
セイブシシバナヘビCB
(エクストリームレッドアルビノ)
Heterodon nasicus 国内CB
赤みが濃厚な個体を精錬したセレクトブリードであるエクストリームレッドのアルビノコンボ。幼体時からはっきりそれと判る濃い赤みは、成長してもクリーム色に薄まらずにしっかり赤を保ちます。
オス 画像 画像
メス 画像 画像
オス
\74000

メス
\84000
セイブシシバナヘビCB
(ピスタチオ)
Heterodon nasicus ハイポの一種とされ、ピスタチオの殻のようなふんわり淡いライトベージュブロッチと、すきっと白っぽい地色を持ちます。まだまだ見掛ける機会の少ない品種。
オス
画像 画像
\85000
セイブシシバナヘビCB
(キャンディー)
Heterodon nasicus ドイツCB
トフィースーパーコンダ、即ちスーパーコンダとトフィー(トフィーベリーとも)のコンボモルフの別名です。トフィーは一種のハイポで、名の通りトフィー(カラメル菓子)のように透明感ある飴色の腹部とライトベージュの色彩が魅力です。
更にスーパーコンダになることで、軽やかなベージュ一色にカメラには写りにくいライムグリーンのグラデーションをしたとても上品な見た目に。
オス
画像 画像
\128000
セイブシシバナヘビCB
(アザンティック)
Heterodon nasicus ドイツCB
モノトーンの渋色合いと黒い虹彩目が愛らしいアザン。これそのものも良いですが、アークティックと組み合わせると青白いグレーになりとても魅力的。アルビノとノコンボであるスノーやラベンダーとのコンボであるトキシックなど、人気の高級モルフ作出に欠かせない存在です。
オス
画像 画像
\46000
セイブシシバナヘビCB
(アザンティック
スーパーコンダ)
Heterodon nasicus USACB
シルバーストリークというコンボ名もあります。名の通り銀色がかったライトグレー一色のボディーに、頭部のみ黒い冠模様がくっきりで非常に品があります。
アザンティックなので虹彩が黒く、愛らしい顔つきに。赤色素がないので、舌の色も黒です。
画像 画像
\220000
セイブシシバナヘビCB
(スーパーアークティック)
Heterodon nasicus ドイツCB
共優性遺伝するアークティックのモノトーンなスーパー体。ベビー時は成体時と逆に色黒ですが、生後半年くらいから白地に大ぶりなグレースポットの極美個体になっていきます!
虹彩が黒く、うるっとした黒目であることも人気のポイント。
オス
画像 画像
\128000

ナミヘビ(ブル、ゴファー、ハウススネーク、レーサー、その他主にマウス食の仲間)
Name Scientific name Comment Price
(税込)
ブラウンハウススネークCB
(ハイポT+バター)
Boaedon fuliginosus ドイツCB
南アフリカ共和国のハウススネークブリーダーUltimate Exoticsによって作出されたコンボモルフ。
ザンビア産のグリーン個体群から出現したハイポメラニスティックであるハイポグリーンと、同個体群のT+アルビノであるT+バターとのダブルコンボ。すなわち、T+のハイビノです。
ほぼパターンが消失した淡く軽やかなマスタードイエローは、澄ましバターで染めたかのよう。T+なので瞳は赤でなく角度によって葡萄色がかる黒です(猫目なので昼間は全く分かりませんが(笑))
メス
画像 画像
\85000
ケープハウススネークCB
(トフィー)
Boaedon capensis ドイツハムショー便
ハウススネーク、しかも南ア産の種とその様々なモルフを殖やしている有名ブリーダーの作。
品種名が示す淡いキャラメルブラウンは非常に透明度が豊かで、特に夜間は明るい飴色に金色の瞳で大変上品です。
オス
画像 画像
\85000
モエギコダマヘビCB Philodryas aestiva ドイツCB
当店では初入荷!全身ビビッドグリーンな、南米産のコダマヘビです。如何にも樹上棲が強そうで実際木にもよく登るのですが、本種は実は半樹上棲で地表部でも良く行動します。
姿形は北米の昆虫食蛇ラフグリーンスネークに似ていますが、本種は1m程としっかりしたナミヘビの大きさになり、食性もヤモリなどの爬虫類からマウス、鳥までと肉食性です。
オス 画像 画像
メス 画像 画像
\198000
バロンコダマヘビCB Philodryas baroni ドイツCB
欧米のハーペトロジストの間でも注目されている南米産ナミヘビ。ややスレンダーなボディと、鼻先にツノのような突起を持つという、ライノラットのカウンターパートを彷彿させる美麗種です。
カラータイプが幾つかありますが、これはスタンダードなグリーンカラータイプ。
※人体に重大な影響は与えませんが、後牙に弱毒を持ちます。念のため素手で扱わず、給餌時などに噛まれないよう留意して下さい。
オス 画像 画像
メスA 画像 画像
メスB 画像 画像
オス
\62000

メス
\68000
バロンコダマヘビCB
(ブルー血統)
Philodryas baroni 当店スタッフが繁殖に成功しました!
欧米のハーペトロジストの間でも注目されている南米産ナミヘビ。ややスレンダーなボディと、鼻先にツノのような突起を持つという、ライノラットのカウンターパートを彷彿させる美麗種です。
カラータイプが幾つかありますが、これはスタンダードなグリーンカラータイプ。ブルーの強い血統を使っているので、成長後は化けていくかもしれません。
※人体に重大な影響は与えませんが、後牙に弱毒を持ちます。念のため素手で扱わず、給餌時などに噛まれないよう留意して下さい。
複数在庫有り。
画像 画像
\70000
ニシアフリカ
クロキヘビ
Thrasops occidentalis アフリカ西部に分布する樹上棲種。
鱗の大きさが背部と体側で異なり、メカニカルなカサントウのようで非常にクール!眼が大きく周囲の状況判断に敏いですが、ずっとウロウロして変に鼻を擦ったりしない利口な部分があります。
※人命に重大な影響は与えませんが、後牙類です。長く深く咬まれた場合、痛みや浮腫などの症状が出る可能性があります。給餌の際など取り扱い時には素手を避け、脱走などに十分な注意をしてください。
個体A 画像 画像
個体B 画像 画像
\58000
カンムリニセボアCB ML Pseudoboa coronata レア!しかもなんと国内CBの飼い込み個体。
頭部は黒々、胴は深い小豆色の激レア種で、ズグロニセボアの別名もあります。幼体時は目にも毒々しいビビッドなレッドで、同所分布の有毒種に擬態していることが分かります。
ちなみにニセボアの名の由来は、尾下の鱗の並び方がボア科に近いからという特にロマンも無い解剖学的な理由(笑)
オス
画像 画像
\168000

オオカサントウ L
Zaocys carinatus
or
Ptyas carinata
過去当店に入荷した個体の中でも群を抜く大きさです!現在全長約2.8m!
流通の非常に少ない、世界最大のナミヘビです。最大全長では3mを超えるのだから驚き。1mを超えても幼体斑が残っていたりと大きさに関するエピソードには事欠かない本種ですが、ハッチベビーにしてもイヤリングのミルクスネークくらいあるのが凄すぎ。
カラスヘビとシマヘビの関係のように、本種にも黒化型個体群と通常のものの他、両者の中間型のような暗色のタイプなどカラバリがあります。これは黒に近いインディゴブラックベースで、下半身や背のストライプ柄もきちんと入る格好良いタイプ。
サイズは凄いですが空間認識能力は高いようで、無茶な暴れ方をして鼻を擦ったりもせず、冷凍餌もしっかりと食べる優良個体。
インドネシア産
画像 画像 画像 画像
\158000
メキシカンタイガーラットスネーク Spilotes pullatus "mexicanus" レア&極美!
タイガーラットスネークことフミキリヘビはメキシコから中米を経て南米までと分布が広く、個体群による差異も豊富でそれぞれ亜種とされることもあります。
これは分布域北部、メキシコに産する個体群で、色柄だけ見ればどう見ても別物!全身に広がる黄色と山吹色の柄は、バンドの原形を留めずモザイク状になっています。ワイルドながら餌付きも抜群で、非常に状態良好。
オス
'21/10/10、写真更新しました!
画像 画像 画像 画像
\170000
ノーザンメキシカンブルスネークCB Pituophis deppei jani ドイツCB
名前に反してブルスネークやゴファーヘビの亜種ではなく、同属ながら独立種。メキシコ山岳部に生息し、同属他種より小型で性質も穏やかです。
幼体時は比較的抑えたトーンですが、成長に連れ眼の周囲に赤がのって色味が強まる色調変化が起こります。育てて楽しいヘビですね。背の柄が大ぶりで上品な色調のジャニー亜種。
オス 画像 画像
メス 画像 画像
\55000
イエローテールクリボー L Drymarchon corais デ…デカイ!2mオーバーの巨大なアダルト。
インディゴスネークの同属で、最大全長3m以上にも達するというナミヘビ界のキングオブキングクラス。
北米で厳重に保護されているインディゴほどではないものの、本種も流通は殆どありません。というか、この仲間は現在流通がどれも極少なく、以前は普通種だった同属種のオグロクリボーすら最近では希少になっています。
黒みがかった褐色の上半身と、鮮やかな黄褐色の下半身の対比が見事。顔つきは属中でも最も厳つく、キングコブラのようにも見えます。
オス
画像 画像
\220000
イエローテールクリボー L
(ハイポメラニスティック)
Drymarchon corais 超絶美麗!爽快なイエローの下半身はそのままに、上半身も薄い銀灰色に抜けた色彩変異。
光の加減によっては上半身の光沢がより増して、巨大なベアードラットの尾を黄色くしたようにも見えます。
状態整った飼い込みのアダルトサイズです。
性格はメチャクチャヤンチャです(苦笑)
オス
画像 画像 画像 画像
\420000
オリサバインディゴスネークCB M Drymarchon melanurus orizabensis 2020年国内CBの飼い込み個体
メキシコのオリザバ(オリサバ)山地近郊に固有分布する、非常に珍しい亜種です。
かのイースタンインディゴ同様全身が深い黒紺色で、大きなぎょろ目とボリューミーな体格を持ちます。口周りと喉の付近は白っぽく、とてもクール。
本種に限らず、インディゴ類は大型化してがっつきな性質と対照的に、大きな餌を消化する能力は低めなので、小ぶりな餌を数でまかなうのがセオリーです。
画像 画像
\198000
ユニカラークリボーCB Drymarchon melanurus unicolor 国内CB'20
オグロクリボーの亜種で、尾先までライトベージュが覆い、全身上品なオリーブブラウンからオリーブグレー一色になる非常に渋美しい蛇です。インディゴやクリボー類共通の太く筋肉質な体格に明るいベージュの単色が、存在感を増します。
きょろりとした目つきが愛らしいという意見と、精悍だという意見に分かれますが、いずれも好評なので良しとしましょう(笑)。
MSサイズの メス
'22/2、写真更新しました
画像 画像 画像
\110000

ユニカラークリボーCB
(クリーンフェイズ)
Drymarchon melanurus unicolor 国内CB!
胴体にモトルドが入らずユニカラー度合いが一層高いクリーンフェイズ。腹部の斑紋(腹鱗の黒い縁取り)もなくプレーンであるなど、小さいうちから特徴が出ています。
クリーンフェイズの親同士から得られています。
メス
画像 画像
\140000

ナミヘビ(ナメラ類)
Name Scientific name Comment Price
(税込)
アオダイショウCB
(アルビノ)
Elaphe climacophora 当店ブリーディングファシリティーCB
ご存じアルビノアオダイショウ。白の強い血統を用いているので、ベビーもそれを受け継いでいる片鱗が見えます。勿論ポップアイや変に大きな頭部、鱗の乱れなどもない良血統。
オス
画像 画像
\45000
アオダイショウCB
(Het.アルビノ)
Elaphe climacophora 安心の国内CB
根強い人気の国産種。飼い込むとグリーンや水色を発色する個体が出てきたりと、成長させる楽しみを味わわせてくれます。
これは100%アルビノ因子持ちのヘテロアルビノ達です。アルビノアオダイショウを安定して殖すには、ホモ同士よりもヘテロを用いるのが重要です。
メスA  画像
メスB 画像
\19800
タイリクシマヘビCB Elaphe quatuorlineata quatuorlineata 快挙の国内CB!
ヨーロッパの地ヘビで、なかなか流通しません。
幼体時はストライプでなく斑紋型で、近似種ブルガリアラットにも似ていますが、やはり格段に頭部が大きく目つきも悪い(笑)。北米のブルスネークやゴファースネークを彷彿させます。色彩はブルガリアより本種の方が色味が少なくモノトーン。
これは分布地西部に産する、体格がっしりで幼体時はブロッチがクリアかつ少なめなタイプです。
オス 画像 画像
メス 画像 画像
\48000
ブルガリアラットスネーク
(トウオウナメラ)CB
Elaphe sauromates ドイツCB
かつてはトウブタイリクシマヘビの呼び名でタイリクシマヘビの亜種扱いでしたが、近年独立種になりました。それとほぼ同時期にホビー市場から多くが姿を消してしまい、殆ど見なくなってしまっています。
ストライプ柄は一切無く、成長後もずっとブロッチ模様のままの厳つい種。亜成体以降では鱗の隙間から黄色や赤がにじみ出てきて、基本地味なのにチラリと色味のあるところを見せたりするのもまた良い雰囲気です。
オス
画像 画像
\58000
ウラルトゥナメラ Elaphe urartica ドイツCB
2019年に記載された新顔のナメラです。筋肉質で太い体躯、クサリヘビ類に擬態した模様や大きめの頭部は迫力満点。平均サイズ1m前後と、タイリクシマヘビやブルガリアラットことトウオウナメラら近縁種に比べてコンパクトです。
アナトリアからコーカサス南部に分布し、種小名urarticaは分布地の一つであるトルコ東部のヴァン湖周辺で栄えた古代王国ウラルトゥ王国に由来しています。
ヤングサイズのペア
オス 画像 画像
メス 画像 画像
Pr\360000
ユンナンベニナメラCB Oreocryptophis porphyraceus pulchra ドイツCB
中国の雲南省からヒマラヤ山脈などに分布するベニナメラの亜種。幼体時は濃いオレンジの地色にメリハリの効いた黒バンド。成長に連れ黒バンド部分は中心部が色抜けして、深緑をプラスしたオレンジのような不思議な色合いになります。地色は濃いブリックレッドで、ラインと細いバンドが混在する独特の色合い。
がっしりしてピンクマウスも丸ごと呑める安心サイズのイヤーリング。
原産国の政情変化でワイルドの流通は激減し、細々流通するCBがより重要になりました。
オス
画像 画像
\49800
ホソツラナメラCH
(尾先難有り)
Gonyosoma oxycephalum マレーシア産個体群からの国内持ち腹孵化個体
マレーシアを始めとしたインドシナ半島のホソツラナメラは、インドネシアの島嶼域個体群よりも吻端が細長く、均質的にグリーンで尾の色が赤褐色であるなど明確な違いがあります。
CHゆえにピッカピカですが、惜しいことに孵化時から尾に捩れがあるため抑えた価格で販売です。木などに巻き付き体を支えるホールド力は衰えていないので、そう大きな問題は無いと思います。
画像 画像
\27000
タカサゴナメラ
(ベトナム産/レッド)
Euprepiophis mandarina 美!
アジアンラットスネークの中でも特異なフォルムで、丸みのある頭と妖しく派手な色使いが魅力です。地域差も伴うカラバリが色々ありますが、この個体はベトナム産で、地色の赤が非常に強い派手な色彩です。
中国からわりとコンスタントに流通していたワイルドの供給は今では殆ど無くなっていましたが、久しぶりに入荷です。
ワイルドですが状態は落着いておりますので安心です。
画像 画像
\39800
クスシヘビCB Zamenis longissimus ドイツCB
ギリシャ神話の医療神アスクレピオスのお使いとされており、クスシヘビ(薬師蛇)という和名はここからきています。何となくロマンティックですね。
外観的に派手な特徴は一切無く、唯一幼体時に首回りに黄色っぽいリング模様があるのが目を惹きますが、成長と共にそれも目立たなくなります。日本のアオダイショウ的な地に根付いた渋いヘビです。
オス
画像 画像
Soldout
クスシヘビCB MS
(アザンティク)
Zamenis longissimus レア!土地柄なのか色彩変異の殆ど無いヨーロピアンラットにして、ほぼ唯一色彩変異品種をいくつか持っているのが本種。とは言えUSAのコーンやラットに比べてぎらぎらした派手さは一切無く、どれもシックでどこか淡くおぼろげな印象なのがヨーロッパのヘビらしい(笑)。
黄色みの消え失せたアザンティックです。元来しっくりとした気風のある美しさを持つヨーロッパ産らしいヘビですが、黄色の消失により全身は白黒モノトーン。幼体時の首輪模様や腹部、胴の斑紋など、本来クリーム色や麦藁色の部分は見事に白!これは美しいです!
オス
画像 画像
\88000
ハシゴヘビCB MS
(フランス産)
Zamenis scalaris ドイツCB
イベリア半島とその近郊にのみ分布する、あまり見かけないヨーロピアンラット。
幼体時は名の通り、背にハシゴ状の黒い斑紋が並ぶのが特徴的です。成体では横斑が消え、くっきりと黒いストライプが二本走るようになります。
体長に対して太さのある種で、がっしりとした体型。反面、頭部はやや細く小さめ。ずっと小型ですが、ヨーロッパ版のブルスネークのような顔つきと習性です。
地域によって色彩に差異があり、これはフランス産の黄褐色ベースの個体群。
オスA 画像 画像
オスB 画像 画像
メス 画像 画像
\36000
Pr\65000
ハシゴヘビCB
(スペイン産)
Zamenis scalaris ドイツCB
イベリア半島とその近郊にのみ分布する、あまり見かけないヨーロピアンラット。
幼体時は名の通り、背にハシゴ状の黒い斑紋が並ぶのが特徴的です。成体では横斑が消え、くっきりと黒いストライプが二本走るようになります。
体長に対して太さのある種で、がっしりとした体型。反面、頭部はやや細く小さめ。ずっと小型ですが、ヨーロッパ版のブルスネークのような顔つきと習性です。
地域によって色彩に差異があり、これは天然のアザンティック個体群のようなスペイン産のシルバータイプ。
オス
画像 画像
\36000
ブラックラットスネークCB
(アルビノ)
Pantherophis alleghaniensis
(Elaphe obsoleta obsoleta)
国内ブリーダーくちなわあそびCB
薄いオレンジの古典的品種。コーンスネークの品種には無い肌色がかったオレンジの地色と赤みの強いブロッチは成長につれて色濃くなっていきます。
メス
画像 画像
\24000
ブラックラットスネークCB
(ラスティ)
Pantherophis alleghaniensis
(Elaphe obsoleta obsoleta)
国内ブリーダーくちなわあそびCB
鉄色とさび色の渋い混成色が大人の魅力。亜成体以降になるとブロッチの色彩が全身に広がるとともに地色がガンメタルがかってきて、その神髄を発揮します。
ラスティ同士を掛け合わせることでスーパー体のリューシスティックが誕生します。
オス
画像 画像
\24000
ブラックラットスネークCB
(リューシスティック)
Pantherophis alleghaniensis
(Elaphe obsoleta obsoleta)
当店ブリーディングファシリティーCB
テキサスに比べて温和な性質で超人気ながら世界的に品薄のブラックラットリューシ。無論ポップアイも無く、如何にもブラックらしい馬面とブラックのリューシならではのアイボリー調の白一色が神々しい純血個体です!
画像 画像
オス
\48000

メス
\54000
ブラックラットスネークCB
(レッドアイリューシスティック)
Pantherophis alleghaniensis
(Elaphe obsoleta obsoleta)
国内ブリーダーくちなわあそびCB
鉄板人気のリューシスティックにアルビノを導入することにより、赤目で純白なシロヘビとなっています。黒い瞳が角度によってワインレッドに見えるブドウ目ではなく、アルビノコンボのレッドアイなので完全に赤い瞳です。
メス
画像 画像
\54000
ブラックラットスネークCB
(アラバスター)
Pantherophis alleghaniensis
(Elaphe obsoleta obsoleta)
国内CB
日本で初めて作出された、リューシスティック+ホワイトサイド(リコリス)のコンボ品種です!これは本家の血筋から累代された2代目達。
アラバスターとは雪化石膏のことで、独特の透明感のあるホワイトから作出したブリーダーさんによって命名されました。幼体も成体もリューシスティックのマットなものとは少し趣が違う透明感の強い白で、虹彩の半分からそれ以上がインディゴブルーに染まります。
オス 画像 画像
メス 画像 画像
オス
\52000

メス
\58000
グリーニッシュラットスネークCB
(Het.ムーンシャイン)
Pantherophis obsoletus obsoletus
×
Pantherophis obsoletus quadrivittatus
国内ブリーダーくちなわあそびCB
イエローラットスネークとブラックラットスネークの両亜種には、自然下で中間個体群が存在します。ちょうどイエローラットの模様にオリーブグリーンがかったような感じになるので、この個体群はグリーニッシュラットと呼ばれています。
ホビー上でのみ有効なハーペトロカルチュアルタクソンとして、コアな愛好家に好まれていましたが、近年になって自然下由来で固定された天然ハイポ系品種「ムーンシャイン」の登場で一気に注目を浴びています。これはその魅力的な品種のヘテロ。
オス 画像 画像
メス 画像 画像
\16000
グリーニッシュラットスネークCB
(ムーンシャイン)
Pantherophis obsoletus obsoletus
×
Pantherophis obsoletus quadrivittatus
国内ブリーダーくちなわあそびCB
近年になって自然下由来で固定された天然ハイポ系品種で、全身が月光に照らされたように寒々とした明るさを持つカラーが非常に独特です。
オス
画像 画像
\54000
ガルフハンモックラットスネークCB Pantherophis obsoletus "williamsi"
チェコCB
珍!背の柄がハシゴ状に繋がるのが大きな特徴の、アメリカネズミヘビの地域個体群。元は独立亜種とされていたもので現在では抹消されていますが、ホビーの世界ではきっちり血筋を守って累代されています。こういうのをハーペトロカルチュアルタクソンと言いますが、抹消されていたものが復活など学術の世界ではざらですので、特定個体群の血筋を維持することは趣味としての拘りを別としても大切なのです。
オス
画像 画像
\25000
トランスペコスラットスネークCB
(アルビノブロンド)
Bogertophis subocularis 今まであまり世に出ていなかったアルビノとブロンドのコンボ!
基色が暖かみのあるマスタードイエローからブロンド色で、斑紋部分が退縮し輪郭もぼやたブロンドがアルビノ化されることにより、アルビノ特有のエグみが薄れ非常に上品な色調に。
アザンティックのブロンドであるシルバーとの組み合わせで、夢のスノーブロンドが作出できます。
オス
画像 画像
\98000

ナミヘビ(コーンスネークとその品種)
Name Scientific name Comment Price
(税込)
コーンスネークCB
(キャンディケインテッセラ)
Pantherophis guttatus 国内CB
珍!有りそうで無いキャンディケインのテッセラ。更に地色の白部分を多くした選別のハイホワイト血統です。
オス 画像 画像
メス 画像 画像
\58000
コーンスネークCB
(マンダリンオケッティ)
Pantherophis guttatus USACB
マンダリンにオケッティを加えることにより、地色がより強いサーモンオレンジに、縁取りの白も太く強調されたセレクトコンボです。このコンボに「フラミンゴ」の名を冠するブリーダーもいますが、同名の別コンボ(JMG社等のコーラルゴーストバニシングストライプ)と紛らわしいので却下(笑)。
画像 画像
\48000

コーンスネークCB
(パイドブラッドレッド)
Pantherophis guttatus ドイツCB
不思議にもブラッドレッド(ディフューズド)にのみ付随して表れる特殊なモルフであるパイド。ペンキで塗ったような白抜けが特徴ですが、腹部や脇腹を中心に発現するのでどうしても一見だけでは分かりにくいのが難点です。ただし、成長して体高が出てくるとパイド部分も比例して目に付きやすくなり、赤が強まった亜成体以降はある種の錦鯉のようなコントラストを楽しめるようになります。
幼体時から地色の赤が強く、ブラッドレッドとしても有望な個体。パイドの白は首元や体側に回りこんでいます。
オス
画像 画像
\48000

コーンスネークCB
(アイステッセラ
/Het.ディフューズド)
Pantherophis guttatus ドイツCB
昨年は国内CBも出た新しいコンボ。今回はドイツのCBです。涼しげで透明感のあるアイスの色合いとテッセラ柄の組み合わせは相性抜群です!ラヴァが入ったコンボなので、独特の透明感がある瞳も引き継いでいます。
ヘテロでディフューズドの因子も持っているので、アイスのディフューズドテッセラ(アイステッセラブラッドレッド)など次なるコンボの作出も狙えます。
オス
画像 画像
\48000

コーンスネークCB
(ポルターガイスト/バブルガム血統)
Pantherophis guttatus 国内匠ブリーダーの美麗コーン
ウルトラ+アネリの組み合わせがポルターガイスト。これは用いた親個体がバブルガム血統なだけあって、地色にも斑紋部にも通常より濃厚な桃色が強く出てきています。
オス
画像 画像
\27000

コーンスネークCB
(マイアミ
アンバーモトレイ)
Pantherophis guttatus ドイツCB
マイアミのグレーな地色が、アンバーモトレイが加わってもきちんと反映されていて良い感じ!
良い意味で白っ茶けたような色味で、コーンと言うよりトリンケットスネークなどの上品なアジアンラットのようです。
メス
画像 画像
\48000

コーンスネークCB
(ハイポシンダーディフューズド)
Pantherophis guttatus ドイツCB
全体的に青ざめてざらついたようなハイポシンダー特有の色味がディフューズド効果で溶け広がり、低トーンな魅力を強く引き出しています。
オス
画像 画像
\39800
コーンスネークCB
(パルメット)
Pantherophis guttatus 国内CB
コーンスネークには存在しないリューシスティック(白化)に、現状最も近いモルフです。
磁器のように透明感がなく艶やかな純白で、全身に赤やグレーのチップが細かに散ります。紙吹雪を散らしたようなその柄は華やかで、キャリコ系モルフにありがちな病的なエグみはあまり感じられません。
パルメットの名は、原資となった天然変異個体が捕獲されたサウスカロライナ州の州花であるサバルヤシ(パルメットヤシ)の英名から来ています。外観の特徴以外の由来で名付けられている珍しい例です。
不完全優性遺伝(伝わり方は劣性(潜性)遺伝と同様だが、ヘテロもノーマルと少し異なる見た目)をします。
オス
画像 画像
\110000
コーンスネークCB
(パルメット)
Pantherophis guttatus ドイツCB
コーンスネークには存在しないリューシスティック(白化)に、現状最も近いモルフです。
磁器のように透明感がなく艶やかな純白で、全身に赤やグレーのチップが細かに散ります。紙吹雪を散らしたようなその柄は華やかで、キャリコ系モルフにありがちな病的なエグみはあまり感じられません。
パルメットの名は、原資となった天然変異個体が捕獲されたサウスカロライナ州の州花であるサバルヤシ(パルメットヤシ)の英名から来ています。外観の特徴以外の由来で名付けられている珍しい例です。
不完全優性遺伝(伝わり方は劣性(潜性)遺伝と同様だが、ヘテロもノーマルと少し異なる見た目)をします。
メス
画像 画像
\110000

コーンスネークCB
(スケイルレス)
Pantherophis guttatus USACB
高級品種だったスケイルレスも、手の届く価格帯になりました。作出しているブリーダーが少ないので大量生産が出来ないため、多数の流通は見込めませんが。
鱗が無くなってスベスベのシルキーな肌と鮮やかな色味、くりっとした目が愛らしく、他のヘビのスケイルレスに見られる不気味さは、何故かコーンスネーク薄まっており良さが際立ちます。
画像 画像
\88000

ナミヘビ(キングスネーク、ミルクスネーク等)
Name Scientific name Comment Price
(税込)
カリフォルニアキングスネークCB
(デザート/フィフティーフィフティー)
Lampropeltis (getula) californiae USACB
くっきりとした白黒バンドで、2色の割合がほぼ均等な古典的50:50。カリキンと言えばこの色彩型のイメージが強いですが、実際流通するのはコースタル(黒または焦げ茶にクリーム色から卵色の明色部)が多く、白黒のデザートは意識して探さないとなかなか見つかりません。
画像 画像
\34000
カリフォルニアキングスネークCB
(ハイパーメラニスティックコースタル/Whet.キャスパー)
Lampropeltis (getula) californiae 国内CB
名前のイメージから誤解されがちですが、ハイパーメラニスティックは完全な黒化型ではなく、黒色素が通常個体より多く発現した品種です。カリフォルニアキングの場合幾つか異なる表現型がありますが、この個体達は通常の色彩に薄く網掛けしたような黒ずみが広がります。
アルビノとパロマゴーストの因子をヘテロで持っている個体です。
オス
画像 画像
\28000
メキシカンブラックキングスネークCB Lampropeltis getula nigrita 香港CB
クロキングヘビ。ジェットブラックのつややかな黒蛇です。
北米ナミヘビ類の中でも人気の高いブリザードコーン、リューシスティックのラットスネーク、そしてこのメキブラは、最近本場のUSAで内需拡大し、俄然品薄になってしまいちょっとした高級種になっています。
サイズのある触れる黒いヘビとなる と、実はいそうでいないので日本でも人気が高いです。
画像 画像
オス
\48000

メス
\52000
シナロアミルクスネークCB
(アルビノ)
Lampropeltis triangulum sinaloae ドイツCB
飼育ヘビとしての歴史が古いミルクスネークの各亜種の中でも、昔から広く知られているメキシコ北西部の亜種。しかしながらアルビノは殆ど流通せず、近縁亜種のネルソンミルクのアルビノがかなり普及したのに比べるとマイナーな存在です。
他亜種に比べて赤バンドの長さが広く、アルビノ化してもそれが目立ちます。赤バンドは朱色寄りで、明色バンドは黄色では無く白く抜けています。
画像 画像
\49800
ホンジュラスミルクスネークCB
(タンジェリンアルビノ)
Lampropeltis triangulum hondurensis ドイツCB
古くから知られる有名なモルフですが、近年ブルーダーの減少と共に見かける機会が減ってきました。アルビノゆえの濃厚ながら濁りのないベタ朱色に、タンジェリンオレンジと白のリングがパッキリの分かりやすい派手さを持ちます。ミルクの中では体格の良い亜種なので、ボリューム感と頑健さもあります。
オス
画像 画像
\49800
ユカタンミルクスネークCB Lampropeltis triungubrm blancbardi メキシコ産現地CB個体!
ユカタン半島に分布するミルクスネークの珍しい亜種で、ブランチャードミルクとも呼ばれます。流通は殆どありません。ブラックチップが多く入り、濃いオレンジバンドの一部が体のどこかしらで途切れがちなのが特徴です。
オス
画像 画像
\68000
アリゾナマウンテンキングスネークCB
(サンタ・リタ
/ローブラック&ハイバンド)
Lampropeltis pyromelana pyromelana ドイツCB
アリゾナマウンテンの中でも、退縮した黒い縁取りと、やや薄緑がかったアイボリーのバンドがみっしりと並ぶことが大きな特徴の、アリゾナ州ツーソン南東部に位置するSanta Rita Mountainの極美個体群です。一部の愛好家にはこの個体群は有名で、これを元にUSAでブリードされたクリスバーベル・パイロというロカリティーモルフが知られています。
独特なカラーリングで、見慣れたアリゾナマウンテンとは別種のように見えます。
メス
画像 画像
\110000

メクラヘビ類・サンビームヘビ類・パイプヘビ類
Name Scientific name Comment Price
(税込)
サンビームヘビ
(T+アルビノ)
Xenopeltis unicolor 超絶激レア!
薄いミルクティーのような背部と真っ白な腹部・頭部、目はブドウ目のT+アルビノ。過去T-arubino(所謂無印のアルビノ)は流通したことがありますが、T+は初では?
サンビーム特有の輝かしい鱗は一層目立ちます。
画像 画像 画像
\ASK

カラバリア&メキシコパイソン&ヒメボア類
Name Scientific name Comment Price
(税込)

ボア類
Name Scientific name Comment Price
(税込)
ナイルサンドボアWC Eryx colubrinus colubrinus 珍!数年前にワイルドの流通があって以来のケニアサンドボアの基亜種。
体型は小ぶりで細身、顔つきはケニアと違って厳つげです。模様は皆狭く、ベースは濃い焦げ茶色で、何となくサキシママダラ風味があります。ケニアとはだいぶ雰囲気が異なります。
オスA 画像 画像
オスB 画像 画像
メス 画像 画像
オス
\48000

メス
\58000
ケニアサンドボアCB M~ML Eryx colubrinus loveridgei ドイツCBヤングサイズ
最もポピュラーなスナボアで、コンスタントに流通があります。様々なモルフが作られており、ノーマルでも個体による柄の傾向や色味にもかなりの開きがあるため、好みの色柄を探したりセレクトブリードしたりする楽しみがあります。
今回の個体達はバリエーション豊かで、オレンジの柄が繋がりストライプっぽくなったものから、広い焦げ茶の地色に地割れのように細いオレンジ柄が入るものまで様々。
オス 画像 画像
メスA 画像 画像
メスB 画像 画像
メスC 画像 画像
オス
\28000

メス
\34000
ケニアサンドボアCB
(タイガー)
Eryx colubrinus loveridgei ドイツCB
オレンジバンドが細く帯状に退縮した柄の変異。ケニアサンドボアのモルフの中ではマイナーな部類で、見かける機会は多くありません。
画像 画像
\49800
ケニアサンドボアCB
(ドドマ)
Eryx colubrinus loveridgei "Dodoma" 国内CB'20
ケニアサンドボアの、タンザニアはドドマ峡谷に産する個体群。暗色の地色の退縮が頭部を中心に激しく、赤みが強い個体が多いのも特徴です。
親個体は超絶レッドなザ・ドドマ(参考:
種親画像:ブリーダー所持個体)なのですが、今回産まれたベビーは柄はともかく発色については現状やや濃いオレンジ程度なので、ブリーダーさんも弱気にマイルドプライスで価格設定しています。成長して発色が強まっていく可能性も大いに有りです。
メスA 画像 画像
メスB 画像 画像
\49800
ケニアサンドボアCB
(ドドマ)
Eryx colubrinus loveridgei "Dodoma" 当店スタッフCB'21!
上記国内CB'20とは別な血統の種親を使っています。
ケニアサンドボアの、タンザニアはドドマ峡谷に産する個体群。暗色の地色の退縮が頭部を中心に激しく、赤みが強い個体が多いのも特徴です。
赤みが強く発色するのは成長してからですが、幼体時から頭部の色抜けが強く出ていて、斑紋の退縮が激しいのですぐにそれと判ります。
オス 画像 画像 Soldout
メス 画像 画像
\49800
ケニアサンドボアCB ML
(アルビノ)
Eryx colubrinus loveridgei ドイツCB
薄いミルクティーのような品のある色彩で、サイドにはオレンジの色味も出るアルビノ。ケニアサンドボアの中では古典的な品種ですが、アネリと共に最近ではその姿を見かける機会が少なくなっています。
ムッチリ仕上がったヤングアダルトで、繁殖も視野に入れられます。
オス
画像 画像
\68000
ケニアサンドボアCB
(Het.アネリスリスティック)
Eryx colubrinus loveridgei ドイツCB
人気のスナボア入門種。白黒ホルスタイン柄になるアネリスリスティックの因子を持っています。
黒い地色の面積が広く、かつ霜降り状になっているちょっと面白い個体達。柄に着目してセレクトブリードするのも面白そうですね。
メス
個体A 画像 画像
個体B 画像 画像 Soldout
\29800
ジャベリンサンドボアCB Eryx jaculus 和名ヤハズスナボアは矢筈と書き、矢のように頭が細く他に類を見ない体型から。
本種と言えば、執念のブリーダーれぷれぷさんの国内CBが有名ですが、これは血統が異なるデンマークのCB!
以前からハムショーなどで見かけてはいたのですが、輸出許可書類作成の煩雑さから現場ではいつも買えず指を咥えていましたが、ようやく来日。
当時から思っていたのですが、孵化子時の色合がドイツCBはオレンジが強いブロッチで、頭部の形状なども国内CBのものとかなり雰囲気を異にしています。今回輸入された個体は少し育って孵化子の斑ではなくなっているのですが、それでもブロッチの濃さや全身のフォルムなどが少し違う気がします。分布域が広い種なので、元親の形質の違いなのでしょうね。
オス 画像 画像
メス 画像 画像
オス
\138000

メス
\160000
バイパーボア
(レッドベリー)
Candoia aspera かつては輸入量も多く、毒蛇っぽい外観が安価で楽しめるヘビでしたが、本種もまた例外なくインドネシア産ボアパイソン類全般高騰の煽りを受け、ポツポツ時折見られる程度の流通となってしまいました。
色彩型が幾つかありますが、これは瀬川が濃い焦げ茶色で柄は殆ど目立たず、腹側は鮮やかなオレンジレッドをしたレッドベリータイプ。
ヒメハブのようなツチノコ体型が非常に独特です。
画像 画像
\59800

エメラルドツリーボア L
Corallus caninus 誰がどう見ても格好良い、超大型のエメラルドツリーボア!
ホワイトバンドがびしっと並び、背面は別種アマゾンベースンを思わせる濃厚なビリジアン。対照的に腹側はビビッドなイエローと、この仲間の良さを凝縮したようなカラーです。
世界の二大緑蛇として対比されるグリーンパイソンに比べ、圧倒的に頭部が厳つく大型で、長い歯を持つのが特徴です。
ビビッドなグリーンの体色に、白いバンドが所々に入るのがアクセント。この個体は特に白いバンドが太く数多く入っており、かなり目を惹く美個体です。
画像 画像 画像 画像
\168000
コロンビアレインボーボアCB Epicrates maurus ポーランドCB
一時に比べて大部見る機会の減ったコロニジ。幼体時は柄がわりと目立ちますが、成長につれてマットなブラウンに虹色光沢という渋美しい姿になります。ニジボアの中では太さがあり、ボリューミーです。
幼体斑も薄くなり、上品なココア色に染まってきたしっかりサイズ。
画像
\29000
ブラジルレインボーボアCB
(ハイポメラニスティック)
Epicrates cenchria ドイツCB
美!黒色素の減少で、抜けるようなピンクオレンジに細い黒リング、サイドは白っぽく巻き上がったとても華やかなモルフ。虹彩のシルバーもクールです。
画像 画像
\158000
アルゼンチンレインボーボアCB Epicrates alvarezi ドイツCB、2021年の新子
ニジボアの中でも異質な存在で、虹色光沢自体はありますが地色は落着いた褐色で、成長後もしっかり残る柄を持つシックな種類です。何となく革製品を思わせる落着いた美しさがあります。
メス
個体A 画像 画像
個体B 画像 画像
\98000

ボールパイソン品種
Name Scientific name Comment Price
(税込)
ボールパイソンCB
(スーパーパステル)
Python regius ドイツCB
ボールの元の色柄を明るい方向に極限化させたモルフと言えます。頭部の色抜けなどは激しすぎて白抜けしているかのよう。
パステル同士で得られるスーパー体で、これとノーマルをかければ次世代ですぐにパステルが産まれ、パステルとかければ次世代で同じスーパーパステルの出現も期待できます。
メス
画像 画像
Soldout
ボールパイソンCB
(バタースーパーパステル)
Python regius ドイツCB
黄色みを強め柔らかな色調になるバターとパステルがスーパー体となり明るい色抜け作用が増し増しになったトリプルコンボ。クリームイエローベースにサンドベージュのブロッチで、暖かく柔らかな色使いです。
オス
画像 画像
\79800
ボールパイソンCB
(ブルーアイリューシスティック)
Python regius ドイツCB
言わずと知れた人気の白いボール。涼やかな水色の虹彩もクールさを増しています。
種親の詳細なインフォは付いていませんでしたが、ブルーアイリューシコンプレックスの中でも最もポピュラーなモハベ×モハベで産まれたものと思われます。ただ、それにしては白みが一段階強く首元の模様も薄いのでモハベ×レッサーかもしれません。
オス
画像 画像
\110000
ボールパイソンCB M
(パステルクリスタル)
Python regius ドイツCB
スペシャル+モハベのクリスタルに、パステルが加わったトリプルコンボです。名の通り黄水晶の如く透明感のあるクリーム色に、うっすら見えるモハベ柄が素晴しく上品です。
Mサイズメス
画像 画像
\98000
ボールパイソンCB
(レモンブラスト)
Python regius ドイツCB
パステル+ピンストライプのコンボ。明るいレモン色が地色に広がると共に柄がピン状に退縮するため、全体的に賑やかながらも煩すぎない軽やかな印象を与えます。目の涼しげな色合いもポイント
画像 画像
\54000
ボールパイソンCB
(アルビノ)
Python regius ドイツCB
多種多様で複雑なボールの品種ですが、これは誰の目にも分かりやすく、遺伝的にも非常にシンプルなアルビノ。昔からあるモルフですが、パキッとしたイエローと白のコントラストは多彩な品種が登場した今でも廃れない人気の高さを誇ります。
オス 画像 画像
メス 画像 画像
オス
\68000

メス
\78000
ボールパイソンCB
(アルビノバターパステル)
Python regius ドイツCB
色合いを明るく柔らかにするパステルに加え、黄色みを広げるバターも加わったアルビノ。溶かしバターをかけたような広がった柔らかいイエローが暖かみを演出します。
メス
画像 画像
\85000
ボールパイソンCB
(ラベンダーアルビノ/イエロー血統・Hetアルビノ)
Python regius 国内CBボールの草分け、B.p.Supplyの安心CB!
成長に伴い白部分がラベンダー色を帯びてくる、別遺伝子のアルビノです。蛍光灯に照らされたような、内側からにじみ出るようなラベンダーの輝きは神々しささえ感じられます。これは黄色部分にも着目し、より明るく濃い黄色が発色するようにセレクトブリードされた拘りの血筋です。
ヘテロで通常のアルビノの遺伝子持っているため、次世代の繁殖も色々楽しめます。
オス 画像 画像 Soldout
メス 画像 画像
\73000
ボールパイソンCB
(TSKアザンティック)
Python regius ドイツCB
黄色色素が減少することにより、褐色の地色がグレーに変化したアザンティックです。ボールの中では少数派の劣性遺伝のため大量生産が効かず、昔からあるモルフですが価格は安定しています。

アザンティックは更にゴーストやパステルを加えてシルバー調にしたり、GHI等黒化系を加えてモノトーンを深めていったりと繁殖面でも様々な楽しみ方が出来ます。
幾つか血統があるうち、流通少なめなTSKアザン。
画像 画像
\125000
ボールパイソンCB
(VPIアザンティック)
Python regius ドイツCB
黄色色素が減少することにより、褐色の地色がグレーに変化したアザンティックです。ボールの中では少数派の劣性遺伝のため大量生産が効かず、昔からあるモルフですが価格は安定しています。

アザンティックは更にパステルを加えてシルバー調にしたり、GHI等黒化系を加えてモノトーンを深めていったりと繁殖面でも様々な楽しみ方が出来ます。
幾つか血統があるうちの、最もポピュラーなVPIアザン。
メス
画像 画像
Soldout
ボールパイソンCB
(VPIアザンシャンパン)
Python regius USACB
人気の高いアザン系コンボ。シルバーグレーベースの渋い色彩に、シャンパンの霞のような柄の退縮と黒目が加わります。
オス
画像 画像
\158000
ボールパイソンCB MS
(バナナエンペラーピン)
Python regius ドイツCB
クリーミーな明るい色調がベースで、品のある細い柄が高級感を増していて、モルフ名に皇帝の名が付くのも頷けます。
バナナをベースにレッサープラチナ、パステル、ピンストライプと、共優性4つ、優性1つのベーシックモルフが合わさっているので繁殖を考えるのにもかなりポテンシャルが高いです。
オス
画像 画像
\110000
ボールパイソンCB
(バナナファイアエンチ)
Python regius ドイツCB
人気のバナナを用いたコンボ。ファイアの淡く軽やかにする効果とエンチの柄をすっきりさせる効果で、バナナのメルヘンチックな色合いが更に強調されています。
メス
画像 画像
\88000
ボールパイソンCB
(イエローベリーコーラルグロー)
Python regius ドイツCB
濃厚な色調のコーラルグローがイエローベリーの効果によって更に暖色方向に強まっています。バナナ系が好みの方に一推しです。
画像 画像
\88000

ボールパイソンCB
(パイボールド/ハイホワイト)
Python regius デザイン性が高い人気モルフです。
ペンキで塗ったような白部分が非常に広いハイホワイトの中でも、頭部と尾の先端以外真っ白な極上個体!パイドの白は他の白系モルフには無いペンキでべったりと塗ったようなベタ白なので、ハイホワイトは白いボール好きにもお勧めできます。
画像 画像
\128000
ボールパイソンCB ML
(レオパードエンチ)
Python regius ドイツCB
ここ最近再び注目が集まっているレオパード。エンチ入りでコントラストが強くなっています。

画像 画像
\49800
ボールパイソンCB
(ピューターウォマ
レオパードコーラルグロー)
Python regius ドイツCB
コーラルグローをベースにし、パステル+ブラックパステル+ウォマ+レオパードと重なった5重コンボ!レオパードの乱れにウォマの退縮柄、ピューターとコーラルグローが重なることにより明るくブラッシュアップされた色味が魅力です。
オス
画像 画像
\120000
ボールパイソンCB
(アイボリー)
Python regius ドイツCB
美!象牙色の地色に所々に入るグラデーションと、可愛らしい黒目がファンシーなモルフです。イエローベリー同士の組み合わせで誕生するスーパー体で、比較的昔から存在しますがその人気は衰えません。
オス
画像 画像
Soldout
ボールパイソンCB
(プーマ)
Python regius ドイツCB
スパークとイエローベリーのコンボです。オレンジがかったベースカラーに黒のウォッシュ、背に点線状に走るクリーム色のライン等、ポップアートのような色柄が独特です。
オス
画像 画像
Soldout
ボールパイソンCB M
(バンブー)
Python regius ドイツCB
ブルーアイリューシコンプレックス(それ同士を掛け合わせると次世代に何らかのブルーアイリューシ系モルフが誕生する品種群)の中でも、幽明なオリーブグレー基調が独特です。単体で見ても、和風庭園のような詫び寂を感じさせられる乙な色彩は魅力的です。
Mサイズオス
画像 画像
\68000
ボールパイソンCB
(バンブーイエローベリー/orグラベル)
Python regius ドイツCB
ブルーアイリューシコンプレックス(それ同士を掛け合わせると次世代に何らかのブルーアイリューシ系モルフが誕生する品種群)の中でも、幽明なオリーブグレー基調が独特です。単体で見ても、和風庭園のような詫び寂を感じさせられる乙な色彩は魅力的です。
これは更にイエローベリーもしくはグラベル(両方の因子を持つ親から出ている場合、どちらが発現しているかは外観では区別できませんので併記されています)が加わることにより、もう一段色味が明るく底上げされています。
メス
画像 画像
Soldout
ボールパイソンCB
(パステルイエローベリー
レオパード)
Python regius ドイツCB
近年コンボにもたらす効果が再注目され、数少なくなりつつあるレオパードの入ったコンボです。パステルとイエローベリーで色味がくっきり明瞭になるとともに、レオパードの柄乱れとピシッと背筋に走るストライプが絶妙なメリハリを与えています。
画像 画像
\60000

パイソン類(ボールパイソン以外)
Name Scientific name Comment Price
(税込)
ボルネオブラッドパイソンCB
(ジェネティックストライプ)
Python breitensteini USACB
レア!現在3種のブラッドの中では最も流通の少ないボルネオブラッド。これはUSAのCB個体で、遺伝性あるストライプ柄のモルフです。
画像 画像
\88000
セントラルパイソンCB
(ストライプ)
Morelia bredli ドイツCB
ナイリクニシキヘビ。レア!近年少しずつ流通し始めている条線型のセントラル。ノーマル同様幼体時は暗いグレーの地色ですが、成長すると徐々に赤みが強まってレンガ色のようなベースカラーになっていきます。ヤングサイズ以降は赤が更に強まって綺麗になります。
カーペットよりさらっとした手触りとシュッとした顔つきが魅力のオージーパイソンです。
個体A 画像 画像 Soldout
個体B 画像 画像
\168000
ラフスケールパイソンCB Morelia carinata オランダCB
キールニシキヘビ。オーストラリア固有のニシキヘビの一つで、同属のカーペットパイソンやセントラルパイソンが欧米で早くからCB化されていたのに対し、本種は種親の数が非常に少ないため流通は滅多に無く、幻のような存在でした。
他のモレリアよりも際だってざらつく鱗で、光沢のない粗い質感を持ちます。同属他種よりややスレンダーで目が大きいため、どことなくカリビアンボアの類いを思わせます。
色調はセピア調で、成長に連れてやや赤みを伴うようになります。虹彩はライトグレーで、クールな印象。
画像 画像 画像
\320000

ダイヤモンドパイソンCB M
(Gothenburg Zoo Line)
Morelia spilota spilota ドイツCB
スウェーデンのGothenburg(ヨーテボリ)動物園直系の極美血統です!
高名な血統だけあって、全身が神々しいスターダスト柄に覆われ、宝石を散りばめたようで非常にゴージャス。
飼い込みヤングメス
画像 画像 画像
\380000
ジャングルカーペットパイソンCB Morelia spilota cheynei ドイツCB
成長に伴い蛍光イエローとブラックのパッキリしたコントラストが豊かになっていく有名種。ピュアなブラッドライン。
オス
画像 画像
\110000
ジャングルカーペットパイソンCB
(ジャーマンブラッドライン)
Morelia spilota cheynei ドイツCB
混じりっけ無しのピュアジャングルの中でも更に血統分けされているジャーマンブラッドライン(GBL)のジャングル。幼体時から既に黒と黄色のコントラストが非常に際立ち、成長を待たずして答えがはっきり出ています。他亜種に比べてシュッとした三角形の頭部も顕著。
メス
画像 画像
\220000

ピュアジャングル
ゼブラカーペットパイソンCB
Morelia spilota cheynei ドイツCB
元々ゼブラはジャングルカーペットから誕生したモルフですが、現在では様々な亜種にクロスされて新たなモルフの礎となっています。これは純血ジャングルのゼブラで、他亜種をクロスさせていない分ジャングルらしい濃いイエローとブラックのメリハリが際立ち、ジャキジャキした細かな柄を一層引き立たせています。
画像
\220000
カーペットパイソンCB
(アルビノ)
Morelia spilota macdowelli ドイツCB
だいぶポピュラーになってきたアルビノカーペットですが、まだまだ憧れのパイソンの一つであるのは間違いありません。
個体差が激しいコースタルカーペットのアルビノなので、元となった個体のタイプにより表現も様々。今回の個体は色合いが濃く、成長と共に変化していく色調をより楽しめそうです。
画像2 画像3
\95000
ジャガーカーペットパイソンCB
(ストライプ/ハイカラー)
Morelia spilota macdowelli ドイツCB。
素晴しい!ストライプが更に強調されて背部は殆どパターンレスと化したハイクオリティーな個体。
元々黄色みが強く明るい感じになるジャガーですが、ストライプになって明色部分の面積が増えると共に地色自体も一段上に向上しています。
これにアザンティックを導入しても凄いことになりそう…。
画像 画像 画像
\168000
キャラメルゼブラ
カーペットパイソンCB
(Het.アザンティック)
Morelia spilota ドイツCB
シュガーブラウンに複雑な細い柄。幼体時は褐色が勝り地味めですが、成長に連れてどんどん黄色みが上がっていき良い色合いになります。ヘテロでアザンティックの因子も持ったお得な個体達。
オス 画像 画像 Soldout
メス 画像 画像
\168000
キャラメル
アザンティックゼブラ
カーペットパイソンCB
Morelia spilota ドイツCB
キャラメルで広げた明色部をアザンで色抜けさせ、ゼブラの細かい柄が一層映えるトリプルコンボです。
オス
画像 画像
Soldout
キャラメルゼブラ
ジャガーカーペットパイソンCB
Morelia spilota ドイツCB
ゼブラとジャガーを組み合わせると、エッジの効いたピンストライプがラビリンス状に入り組んだような複雑な柄になりますが、これは更にキャラメルをプラスして模様部分をキャラメルブラウンに、地色のクリーム色のトーンを数段階明るくしたトリプルコンボです。
画像
↓'21/10/31、写真追加しました。黄色面積が一層広がり、色合いもアップ!
画像
\128000
パプアンカーペットパイソンFH Morelia spilota harrisoni インドネシアのファームハッチ、ベビーサイズ
昔は最も普通種だった、ニューギニアカーペットやイリアンジャヤとも呼ばれるハリソニー亜種です。現在はCBが定期流通する他亜種より逆に見かける機会が減っています。
亜種中でも多彩な色彩タイプを持ち、ジャングルカーペットを思わせる黒とクリーム色のバンド柄やストライプタイプ、地色が赤褐色のタイプなどが存在します。個体によってはジャングルやジャガーベースのモルフのようで面白い!(インドネシア産なので、亜種間クロスなどではありません)
画像 画像
\45000
グリーンパイソン Baby
(ビアク/レッド)
Morelia azurea azurea "Biak" グリーンパイソンには地域性が多数あることが知られていましたが、近年になって南部と北部で2つの別種に分けられました。ざっくり言えば、アルー等南部~南東部の個体群はMorelia viridis(グリーンパイソン/和名ミドリニシキヘビ)のまま、ビアクやソロンなど北部から北西部の個体群は分割された別種Morelia azurea(ノーザングリーンパイソン/和名モエギニシキヘビ)となり、更にその中で3亜種に分けられることになりました。
この個体はビアク産で、亜種としてはノーザンの基亜種M.a.azureaになります。
ビアク産は大型になることとアグレッシブな性質、ひょうたん型にくびれる頭部、ビビッドグリーンとイエローが入り交じる成体色などが特徴とされていましたが、これが亜種としての特徴にも繋がっています。
数少ないレッドのベビー。黄色と赤の2タイプがあるグリーンパイソンのベビーですが、実はこれ分割されたノーザンのみの特徴。アルーら狭義のグリーンパイソンには黄色の幼体しか出現しません。これも亜種分割の根拠の一つのようですが、不思議ですね…。いずれにしても成長するとイエロータイプと同じく黄緑へと変化していきます。
個体A 画像 画像
個体B 画像 画像
個体C 画像 画像
\88000
サウザン
アルバーティスパイソン MS
Leiopython fredparkeri
(Leiopython meridionalis)
通称ティミカブラック。アルバーティスパイソンの同属種で、南部に生息する別種です。
通常のアルバーティス(=ノーザンアルバーティス)が銅金色に黒い頭部なのに対し、本種では紫がかった薄墨色から暗い銀灰色で、腹部が白くなります。全体的に淡く品のあるシックな色合いで、ギラギラが魅力のアルバーティスとは対照的。体格は、より重量感があり太くずっしりしています。
MSサイズ
画像 画像
\250000
サウザン
アルバーティスパイソン ML
Leiopython fredparkeri
(Leiopython meridionalis)
通称ティミカブラック。アルバーティスパイソンの同属種で、南部に生息する別種です。
通常のアルバーティス(=ノーザンアルバーティス)が銅金色に黒い頭部なのに対し、本種では紫がかった薄墨色から暗い銀灰色で、腹部が白くなります。全体的に淡く品のあるシックな色合いで、ギラギラが魅力のアルバーティスとは対照的。体格は、より重量感があり太くずっしりしています。
ヤングアダルトサイズのオス
画像 画像
\280000
サウザン
アルバーティスパイソン L
Leiopython fredparkeri
(Leiopython meridionalis)
通称ティミカブラック。アルバーティスパイソンの同属種で、南部に生息する別種です。
通常のアルバーティス(=ノーザンアルバーティス)が銅金色に黒い頭部なのに対し、本種では紫がかった薄墨色から暗い銀灰色で、腹部が白くなります。全体的に淡く品のあるシックな色合いで、ギラギラが魅力のアルバーティスとは対照的。体格は、より重量感があり太くずっしりしています。
アダルトサイズのメス
画像 画像
\330000
リングパイソンCB
(アベラントストライプ)
Bothrochilus boa 何と快挙の国内CB!
レア!ビスマルクパイソンとも呼ばれるパイソン界きっての美種。幼体期の色合いは、ぱっと見せられたらミルクスネークなオレンジ&ブラックのバイカラー。でも体型はちゃんとオセアニア系パイソンです。
この個体はオレンジ部分がバンド状では無く、背全体に繋がるストライプ風のアベラント!
オス
画像 画像
\265000
マクロットパイソン Liasis mackloti mackloti マングローブニシキヘビ
幼体時は暗灰色、成長するとシルバーグレーに薄い黄色や暗色の細かい斑模様が入る、いぶし銀のマイナー系リアシスです。この仲間特有の虹色光沢のある鱗は本種でも健在。
三白眼でいかにもワルそうな面構えですが、亜成体以降ではかなり性格が落着いて扱いやすくなります。
ヤングサイズ
画像 画像
\85000
スポッテッドパイソンCB MS
(ケープヨーク)
Antaresia maculosa オランダCB
格好良い!スポッテッドパイソンのうち、オーストラリア北東のヨーク半島に分布する個体群は、大きくなっても消えない太く黒々したブロッチ、斑紋同士が融合して帯状になることが多いなどの特徴を持ち、他地域個体群と区別されロカリティーモルフとして維持されています。
ヤングサイズ
オス 画像 画像
メス 画像 画像 Soldout
\98000


!!上下にメニューが表示されない方はこちらをクリック!!