!!上下にメニューが表示されない場合はこちらをクリック!!

・トカゲ・ヤモリ類在庫一覧
新着欄に掲載の生体は、まだこちらに移動されていない場合があります)
 
イグアナ科
Name Scientific name Comment Price
(税込)
レッサーアンティルイグアナCB Iguana delicatissima カリブの至宝、デリカティッシマ!
グリーンイグアナの唯一の同属別種ながら、その分布はカリブ海の小アンティル諸島の幾つかの島々にのみ限られていて、原産地では環境破壊やグリーンイグアナとの交雑問題で厳重に保護されています。
グリーンイグアナと違い岩場混じりの半樹上生活を送っているらしく、そのためか幼体時から手足が非常に大きくフォルムが全く異なります。
色彩はベビー時はグリーンイグアナよりずっと明るく滑らかな質感のブリリアントグリーン。成長に伴い風貌は一変し、イワイグアナやサイイグアナのような厳つい風貌とグレーベースの色彩になります(参考:
成体画像検索)。
下顎の鱗は大きく、成長するとこの部分は白く色抜けするためにむき出しの歯のような感じになって格好良さを補強します。
流通は非常に少ないです。大事に育て上げたい逸品です。
画像 画像
\ASK
ツナギトゲオイグアナ MS Ctenosaura similis 最もスタンダードなトゲオイグアナですが、分布域が広いだけあって色彩や形状にバリエーションが有り、実は色々と奥深い種です。
以前大量流通していた北米の帰化個体群ではなく、本来の生息地である中米ニカラグア産です。ワイルドですが国内で暫く飼い込まれており、よく肥えたMSサイズのメス
画像
\18000
バナナスパイニーテールイグアナCB Ctenosaura pectinata "Banana" 国内CB!
トゲオイグアナ属の中でも地域によるカラーバリエーションが豊富なクシトゲオイグアナのうち、黄色いバンド柄になるのがバナスパことバナナスパイニーテール。
USAブリーダーPaul Kelly氏のブランドライン「イエローファントム」が有名ですが、他のラインのCBでもなぜか他タイプに比べて性質が穏やかで落着いた個体が大半で、中型ペットリザードとして好まれます。
黄緑一色の可愛いベビー達から少し育って、地色がくすんできました。更に育つと今度は特徴的な黄色が出てきます。
画像 画像
\168000
ノドダレトゲオイグアナCB ML Ctenosaura palearis レア種の国内CB飼い込み!
名の通り、属中でも一番発達する立派に垂れた喉垂れ(デュラップ)が特徴。老成個体では更に凄いことになります。
ギザギザとしたタテガミ状の背部クレストや棍棒状の尾も相まって、恐竜度合いが非常に強いトゲオイグアナです。
ブラック&ブルーグレーの渋くも美しい体色はCBということも相まってきめ細かく、より格調高い色合いになっています。
グァテマラの固有種で、トゲオイグアナ全体の中でも結構な局所分布種です。
今回の個体は数少ないCBの飼い込み。ヤングサイズで本種の魅力もしっかり出てきています。
画像 画像 画像
\280000
キマダラトゲオイグアナ ML Ctenosaura flavidorsalis 2019年に衝撃の入荷を果たした幻のトゲオイグアナ!
長らくその姿形が謎に包まれていました。成熟した個体ではイエローバックの英名通り、蛍光感のある強いレモンイエローが背に乗ります。黒いバンドがタイガー風味。
尾のトゲすねのトゲ共に非常に発達し、オスは下顎が赤く染まるゴージャスな種です。
ヤングサイズペア
オス 画像 画像
メス 画像 画像
\190000
ユカタントゲオイグアナ MS Cachryx defensor レア!メキシコはユカタン半島の一部に点在分布する、小型で美しいトゲオイグアナです。近縁種のカンペチェトゲオイグアナと並んで、属内でも非常に特徴的な色合いを持ちます(現在では2種で独立属Cachryxに分けられています)。
成熟した成体では頭部はブルーグレーから明るいスカイブルーに、胴体は黒や血のような赤いブロッチが点々と散ります。その様子から、大昔輸入された際にヒマダラトゲオイグアナ(=緋斑(ひまだら))の名が付けられたこともあります。
尾のトゲは属中最も発達している部類で、どの部分も長く鋭いトゲにビッシリと覆われています。体温が上がると尾も鮮やかな水色に!
乾いた森林に生息しており、長い手指で器用に木登りをします。
ヤングサイズ
'21/10/28、写真更新
個体A(オスっぽい) 画像 画像 画像
個体B(メスっぽい) 画像 画像 画像
\168000
トウブクビワトカゲCB M
(ブレイジングブルー)
Crotaphytus collaris collaris オランダHoutenショー便
極美!当店初入荷の、ブランドものブルータイプ。ヤングサイズながら既に超絶に深く濃いマリンブルーがバリバリ発色しています!噂に違わぬ凄い色合です。
オス
画像 画像 画像
\85000
ナミカンムリトカゲ
(ニカラグア産)
Laemanctus (longipes) waltersi 昔で言うコーンヘッドイグアナ。中米便が激減した現在ではレア種です。
バシリスクやヘルメットイグアナなど近縁な中米樹上棲トカゲに比べて飾りっ気がないせいかいまいちマイナーな種ですが、鮮やかなグリーンの体色と、独特の大型鱗の配列がとても魅力的だと思います。長い手足と尾はどことなく節足動物を連想させますね。
ヒョロヒョロした体躯に似合わず意外と丈夫です。ほぼ完全に樹上棲なので、高さのあるケージに枝を配置して飼育しましょう。
メス
画像 画像
\34000
キタゼンマイトカゲCB Leiocephalus carinatus ドイツCB
西インド諸島原産の大型ゼンマイトカゲです。以前は帰化先のフロリダ半島から駆除された個体がUSAよりペットトレードに輸出されていましたが、だいぶ進んだのか今は殆ど見なくなりました。
今回はCBベビーが入荷!尾をクルクルと巻いて上げ下げし、個体間でコミュニケーションをとります。
改めて見ると、行動面白く丈夫な良いトカゲです
性別不明の幼体達。複数在庫有り。
画像 画像 画像
\29800
バハマゼンマイトカゲ Leiocephalus carinatus armouri 西インド諸島原産の大型ゼンマイトカゲ、キタゼンマイトカゲの亜種の一つです。以前は帰化先のフロリダ半島から駆除された個体がUSAよりペットトレードに輸出されていましたが、だいぶ進んだのか今は殆ど見なくなりました。
尾をクルクルと巻いて上げ下げし、個体間でコミュニケーションをとります。改めて見ると、行動面白く丈夫な良いトカゲです
MLサイズ
画像 画像
\14000
ペルーパシフィックイグアナCB Microlophus peruvianus チェコCB
レア!成熟した個体はペレンティモニターを思わせるようなグレー地に細い網目状の模様が入る、非常に格好良い種(参考:
過去入荷成体オス)。
今回はベビーから育ったS~MSサイズのペア。
属単位で適切な和名もありませんが、英名も然りで「ペルー太平洋側にいる(元)イグアナ(科のトカゲ)」といった意味の超ざっくりコモンネームです(笑)。それだけ流通に乗るのが珍しいということですね。
飼育種としては、岩を組んだ乾燥系のレイアウトで飼育すれば容易で、ちょうどフラットロックリザード(但し、この仲間ほど隠れません)や荒れ地棲のカナヘビを飼うような感じです。
亜成体以降では雌雄で色調が違うのもこのグループによく見られる特徴。もっと沢山の種が流通するようになると良いですね。
オス 画像 画像
メス 画像 画像
Pr\140000

アガマ科
                                                      
Name Scientific name Comment Price
(税込)
フトアゴヒゲトカゲCB
(レッド)
Pogona vitticeps しっかり体格の安心国内CB
濃くて良い赤が出ています。
個体A 画像 画像
個体B 画像 画像
\26000
フトアゴヒゲトカゲCB
(スーパーレッドハイポレザー)
Pogona vitticeps ドイツCB
赤みの強めなスーパーレッドにレザーバックが加わってサラサラの皮膚感になり、地色や柄の輪郭がはっきりしています。これは更にハイポが加わったことにより地色はすっきりし、紅白柄のようになっています。
全身均質な赤よりもカーペットのように入り組んだ柄がはっきり出る個体がお好みの方にお勧め。
性別はまだ不明
画像 画像 画像
\34000
フトアゴヒゲトカゲCB
(スーパーレッドトランスレザー)
Chlamydosaurus kingii ドイツCB
一連のジャーマンラインのレッド系カラー達の中でも際だって赤の発色が強いハイグレードなスーパーレッド。トランスとレザーが加わることにより色味が強く更に均一化され、色合いを底上げしています。
個体A 画像 画像
個体B 画像 画像
\68000
フトアゴヒゲトカゲCB
(スーパーレッドハイポトランスレザー)
Chlamydosaurus kingii ドイツCB
一連のジャーマンラインのレッド系カラー達の中でも際だって赤の発色が強いハイグレードなスーパーレッド。トランスにハイポ、レザーまでが加わることにより色味が明るく強く更に均一化され、色合いを底上げしています。
個体A 画像 画像
個体B 画像 画像
\68000
フトアゴヒゲトカゲCB
(ゼロ)
Pogona vitticeps USACB
シルバーバックがクールな人気のモルフ。高体温時は一層銀灰色が明るくなり、ソリッドな様相です。
首の据わってきたしっかりSサイズからだいぶ育って、安心なMS一歩手前サイズになりました。
'21/9/28画像更新!
性別はメスっぽいですがまだ不確定
画像 画像 画像
\84000
ヒメアゴヒゲトカゲCB ML Pogona minor 最小のアゴヒゲトカゲ属の一つ。
スレンダーボディーでシュッとしたハンサムフェイスです。長い尾と刺々しい体表で、体格に反して精悍な様相が魅力的。コロコロ可愛らしいローソンアゴヒゲとは、同じ最小種でも印象が真反対です。
他種よりも立体活動をよくするので、ケージ内に枝などを組んで止まり木にしてやるのも良いです。
ヤングアダルトサイズのオス。
画像 画像
\45000
ナタリアクシトカゲ Acanthosaura nataliae メチャ格好良い!長い櫛状のクレストと喉元の炎のような柄がインパクト大の、ベトナム産クシトカゲ。
本種は珍しくメスの方が派手になるという特徴を持ちます。
メス
画像 画像
\29800
ハルマヘラホカケトカゲCB Hydrosaurus weberi ドイツCB!
持ち腹や現地のFHでは無く、正真正銘のCB個体です。地の利から日本ではポツポツと見かけるホカケトカゲ達ですが、欧米では珍しいエキゾチックリザードの一つで、熱烈な愛好家が存在します。
成長すると帆を張ったようにクレストが発達する格好良いアガマ科の大型種です。大きな後ろ足は水に入ったときオールの役目をするようです。ゆえに泳ぎは達者。
色味はまだ大人しめですが、サブアダルトくらいから金属を磨くように下地の色が出てきて、メタリックな黄緑の脇腹で背面に暗緑青をかけたようなツートンカラー風になります。
背の帆は他種に劣らず、成長すると非常によく伸びます。
雑食性で果物も大好き。フードや野菜などもよく食べますよ。
画像 画像 参考:種親画像(オス親メス親
'21/8/14画像追加!→入荷後一月で肉付きがしっかりし、カッパのチビのようなあどけない姿から凜々しさも出てきました。尾の上部が少し張り出し始め、オスの期待が持てる…かも?(現状性別は不確定です)。
追加画像 追加画像                         
\78000
エジプトトゲオアガマ Uromastyx aegyptius aegyptius ベビーサイズを店内で育成し、良い感じのMSサイズになりました。
色柄は渋く、グレーからブラウンの落着いた色合いをしています。他種と比べても飛び抜けてオッサンくさい顔つきをしているのがまた個性的。最大級のトゲオアガマなので、じっくり育て上げましょう。
画像 画像
\38000
ニシキトゲオアガマCB M Uromastyx ornata ornata ウクライナCBのヤングサイズ
名の通り非常に多彩な色彩で人気の高いトゲオアガマですが、流通には波があり、大当たりの年と不作の年が二年単位くらいで入れ替わります。ワイルドは着状態にもよりますがややクセがあり、立ち上げにコツがいることも。
飼育下で計画的に殖されたCBのヤングサイズだけあって葉野菜も虫もモリモリ食べて、体格は空気を含まないでもプックリ!
だいぶ発色が強まってきておりおそらくオスと思われますが、まだ性別は未確定です。
画像 画像 画像
\68000
トーマストゲオアガマCB Uromastyx thomasi ドイツCB
衝撃的な初来日が忘れられない、トゲオアガマ界の最高峰の1つ。ピッカピカでプリップリのCBです。
唯一の砂丘性トゲオアガマで、スタイルも行動も独特で非常に興味深いです。
そのさらさらの皮膚感は、プックリした胴と相まって大福餅のよう。首が長く小顔で胴太、そして何よりメロンパンのような丸く平たい尾が本種最大の特徴です。縁はぎざぎざで、この辺りはちゃんとトゲオアガマしてます(笑)
色調は多彩で、成体ではメロンシロップのような濃い黄緑からスカイブルーまで個体によって様々な発色を見せます。将来の発色が楽しみ!
オモチャのようなぱたぱたした動きと、休むときのゼンマイが切れたようなパッタリ感は狙ってやっているようで大変微笑ましいです。
体格しっかりしてきた手乗りサイズ達。性別はまだ不明です。
複数在庫有り
画像 画像
\210000

カメレオン科
                  
Name Scientific name Comment Price
(税込)
シュトンプフヒメカメレオン Brookesia stumpffi 入手可能なヒメカメレオンの中で一番でかくて存在感があるのはデカリー!という声を耳にしますが、実はこの種も負けていない…というか長さだけならそれ以上になるボリューム有る種。今回はヤングサイズが入荷です。
ミニチュア装甲竜のようなカブト状の突起、魚の骨のように左右に張り出したトゲトゲの背クレスト、腰の板状鱗などメチャ格好良い!
薄暗がりが好きなので、小さめのケージでヤモリかカエル感覚で飼えるのも魅力。
画像 画像
Soldout
ティールヒメカメレオン Brookesia thieli ヒメカメレオンの仲間はマダガスカルの林床部に棲み、枯れた植物に上手く擬態している魅力的な小型種です。
本種は枯葉ではなく枯れ枝に擬態した、細長い形の独特なヒメカメレオン。トゲトゲしたクレストは発達しませんが、枝の先端部にあたる頭部の先はギザギザと突起が多く付いており、折れた枝の断面を表現しているようで面白いです!
薄暗がりを好む小型種でレイアウトを壊さないため、植物や枯れ枝、流木、苔などで景観を作り込んだケージでコンパクトに飼育するのも楽しいですよ。
画像 画像
\22000

スキンク科
 
Name Scientific name Comment Price
(税込)
ピーターズバンデッドスキンク Scincopus fasciatus ナミダメスナトカゲ。サンドフィッシュと近縁な一属一種の大型スナトカゲです。
一昔前は幻の種でしたが、多数棲息する場所が見つかったらしくよく目にするようになりました。近年では大量流通とともに雑に扱われることすらあり、実に良いトカゲなのに残念。
ぼってりした体型をしたなかなかの大型スキンクで、オレンジ色の地色に真っ黒のバンド模様がインパクト大!動きはゆったりで非常に扱いやすいです。
最大の魅力は真っ黒で大きな目。スキンク科標準装備であるほっそりした目の「爬虫類顔」でなく、大きな目玉に真っ黒な虹彩を持つウル目ちゃんです(瞳自体は縦長の猫目ですが)。夜行性が強いためで、スキンク科では珍しい面構えです。
画像 画像
\17000
シュヴァルツスキンクMesoscincus schwartzei メキシコのユカタン半島にのみ固有のウルトラレアスキンクです!
黒地にクリーム色のラインが二筋入り、胴体は褐色、尾には黒いドット模様が並ぶ不思議な配色です。頭が小さく、尾が太くて長い様は、その色柄も含めて遙か遠くニューギニア産のミュラースキンクを彷彿させます。
ボリューミーなトカゲで、見応えもたっぷり。床材に良く潜りますが飼育は難しくなく、普通に昆虫を食べるスキンクです。
自然下でも非常に希な種で、今回の流通が世界初かも?オンリーワン
画像 画像 画像 画像
\110000
ワキアカマブヤ Trachylepis perrotetii レッドサイドマブヤ。がっちり体型のアフリカに広く分布する大型のマブヤトカゲ。
発情したオスはサイドボディに濃いオレンジや赤が塗ったようにのる、美しい種です。地の色自体もオレンジがかったゴールドでなかなかに綺麗。何でも爆食し、飼い込むと別種と見まごう程ブリンブリンになります。サブアダルトのMSサイズからアダルトサイズまで。
画像 画像
\3800
スベカラタケトカゲ Eugongylus albofasciolatus 昔で言うパシフィックジャイアントスキンク。主にソロモン諸島から輸入されますが、その数は多くなく、数年おきくらいで忘れた頃に散発的に輸入されます。
角張ったアオジタという感じの大型スキンクで、独特の目つきの悪さと虹色にテラテラ光る滑らかな鱗が特徴的です。
オスはかなり巨頭化し、実に格好良い!横から見ると長い吻端が、巨大なアリゲータートカゲ風です。
オス
画像 画像
\58000
クマドリカラタケトカゲ Eugongylus sp. cf sulaensis 虹色光沢のマッシブ大型スキンク。目の下に入る隈取り模様が厳つさを増します。
E.sulaensisとして流通していますが、個人的にはこの在庫個体達も含め今流通している個体の多く、あるいはほぼ全ては、ハルマヘラなどに産する近似種ハルマヘラカラタケトカゲEugongylus mentovariusなのでは?と思っています。
画像 画像
\30000
アカメカブトトカゲ S Tribolonotus gracilis 毎回大人気の超格好良いアーマードリザード
まだ幼体の特徴が残っているSサイズ。幼体時は頭の兜もシュッとしていて、目の周りの特徴的な模様も無いため全くの別種のように見えます。
大きすぎず小さすぎず、慣れた個体は飼育も難しくなく、価格も安価というスーパースターです。ここ数年は流通がわりと安定していますが、一度に卵を1~2個程度しか産まず分布域も限られているので、いきなり流通が無くなるなんてことも皆無とは言えません。入手できる時に入手しておいて下さい。
複数在庫有り
画像 画像 画像
\16000
アンボンアオジタトカゲ S
(セラム島産)
Tiliqua gigas gigas "Ceram" ファームハッチのSサイズ
やや小ぶりで細身、尾が長いのが特徴のセラム産基亜種です。
基亜種の中でもセラムの個体群は成長するにつれて全体的に黄色からオリーブ色が強くなり、赤系やグレー系は殆どいない傾向が強いです。時折緑がかった芥子色の個体も見られ、そうしたものは「セラムグリーン」と呼ばれますが、セラム産の全てがそうというわけではありません。今回のチビ達もどう変化していくか楽しみ!
個体A 画像 画像
個体B 画像 画像
\32000
アンボンアオジタトカゲ
(アルー産)
Tiliqua gigas gigas "Aru" 基亜種の中でも特に大型になる島物の個体群。場合によっては別亜種のケイアオジタに含められることもあますが、いずれにしても基亜種・ケイ亜種どちらにも属さない別個体群と思われます。
大型になるだけでなく、全体的に体色は赤みが強く、眼の後ろに黒いラインがある個体が多いという特徴を持ちます。
画像 画像 画像
\39800
ハルマヘラアオジタトカゲ
(アザンティック)
Tiliqua gigas gigas "Halmahera Axantic" 青みがかったシルバーグレーの体に真っ黒なウル目という、どんぴしゃ日本人好みな色彩変異(或いは個体群?)。
サブアダルトサイズ
個体A 画像 画像
個体B 画像 画像
\95000
ケイアオジタトカゲ Tiliqua gigas keiensis ニューギニア南西部のカイ群島とアルー諸島にしか分布していないため、ギガスことオオアオジタ3亜種の中では最も流通が少ない種です。
他のギガスの亜種より一際尾が長く、色彩と目つきが相まってオマキトカゲを思わせます。色彩は鶯色・黒・黄土色に赤褐色等の不規則な斑模様で、他亜種・他種にはない独特な色合い。
色彩的な特徴が出始めたヤングサイズの入荷です。これから更にバンドが乱れ、成熟するにつれて更に全体が虫食い模様のように変化していきます。
画像 画像 画像
\79800
キタアオジタトカゲCB ML Tiliqua scincoides intermedia 最もCB化が進んでいるアオジタで、最近では幾つかの品種やセレクト血統が巷を賑わしています。これは特に名だたる血筋のものでは有りませんが、太くくっきりと入ったサイドのブラックとオレンジのバーが典型的なキタらしい個体です。
飼い込みヤングサイズ
画像 画像
\88000
ヒガシマツカサトカゲCB Tiliqua rugosus asper ドイツCB
その独特すぎる姿はあまりにもキャラクタナイズされています。殆どソフビ人形な、動く松ぼっくりトカゲ。
4亜種ありますが、これは黒々した全身で目つきも愛らしいアスパー種。
生後一年弱の幼体ですが、最近メキメキ育ってきており大人の二の腕くらいになりました。
雑食性のトカゲで、配合飼料からコオロギ、バナナなどの果実、ピンクマウスまで幅広く食べます。満遍なく色々な餌を与えると良いですよ。
画像 画像
Soldout
ソトイワトカゲ Bellatorias frerei 唯一オーストラリア以外に分布するイワトカゲ。
大型スキンク好きにはたまらないガッチリ系スキンクで、フォルムはつるんとしていますが、顔を見ると確かにイワトカゲの仲間なのだなと言うことがよく分かります。充血したような赤い虹彩も茫洋となりがちな色調に合って、見事な引き締め役を担っています。
ミドルサイズ
画像 画像
\21000
ソトイワトカゲCB Bellatorias frerei ピッカピカのドイツCB!
赤い目と大きな頭のゴールデンランドマレットです。唯一オーストラリア以外に分布するイワトカゲ。
大型スキンク好きにはたまらないガッチリ系スキンクで、フォルムはつるんとしていますが、幼体時の体型や顔つきを見ると、確かに広義イワトカゲの仲間なのだなということがよく分かります。
個体A 画像 画像
個体B 画像 画像
\33000
ヒガシピルバラ
ヒメイワトカゲCB
Egernia epsisolus ドイツCB
至高のイワトカゲの一つ!デプレッサのコーラルとされていた個体群が独立種になりました。トゲトゲフォルムはそのままに、明るいオレンジレッドに細かく散るスペックル柄の美種です。
ピカッとしたMSサイズ
個体A 画像 画像
個体B 画像 画像
\780000

カナヘビ科・テユー科・ピグミーテユー科
                                                                             
Name Scientific name Comment Price
(税込)
シクラカベカナヘビ基亜種 Podarcis siculus siculus 気が遠くなるほど多くの亜種と個体群を持つ欧州産カナヘビの最大勢力。これは流通の多い亜種カンペストリスではなく、シクラス・シクラスこと基亜種です。
現在冬季の体色でくすんでいますが、休眠開けなどは背のグリーンや脇腹のブルースポットが出てきて色味が上がります。
画像 画像
\16000
イビザカベカナヘビCB Podarcis pityusensis pityusensis 国内CB
ヨーロッパのヒッピー文化の中心である、スペイン・バレアレス諸島のみに固有分布するピティウザスカベカナヘビPodarcis pityusensisの基亜種です。極美亜種のカメリアーナカベカナヘビやヴェドラカベカナヘビが有名ですが、24もあるこの仲間の各亜種はそれぞれが様々な色味のブルーやグリーンを全身に発色することで定評があります。ただし原産地の保護が厳重で、カナヘビには珍しいCITES2類該当種なので、流通量はどれも非常に少なく入手できる機会がなかなか訪れません。
基亜種イビザカベカナヘビは、アダルトは濃厚ビリジアングリーンに青みがかった深い美しさを持ちます。
'21CBのSサイズ達、複数在庫有り。性別はまだ不明です。
画像 画像
\36000
フォルメンテーラカベカナヘビCB ML Podarcis pityusensis formenterae 国内CB
同じく美麗亜種の一つであるカメリアーナカベカナヘビが深めのマリンブルーであるのに対し、本亜種はどちらかというと「空の色」。繁殖期が訪れた成熟個体は非常に清涼感のあるミントブルーに包まれます。脇腹にはポツポツとコバルトブルーのスポットが出ることもあり、鮮烈な美しさを見せてくれます。
このグループはカベカナヘビ属の中でも超が付くほど頑健で、少々の低温や絶食にはびくともしません。カナヘビとしては中型種よりやや小さい位という感じなので、さほど広いスペースが無くても飼育可能なのも嬉しいところ!
ヤングアダルトのオス
画像 画像
\75000
ホーヴァスイワカナヘビ Iberolacerta horvathi 珍!岩場に見られる俊敏な小型カナヘビ。銅金色の渋い姿で、その姿に際だった特徴はありません。
岩と岩の間を軽やかに駆け抜ける身軽な種で、空中の昆虫をジャンプして捕らえたりも出来ます。見た目は地味ですが、行動は多彩なタイプです。
種小名はハンガリーの昆虫学者Geza Horvathに献名されており、ホルヴァートという読み方の方が本来の発音に近いです。
画像 画像
\18000
ホウセキカナヘビCB
(メラニスティック)
Timon lepidus lepidus ドイツCB
鮮やかな色味が魅力のホウセキカナヘビですが、これは全身漆黒のメラニスティックです。カラスの濡れ羽色のような黒は本当に見事!虹彩も真っ黒なので、可愛らしい表情です。
スモールサイズ。複数在庫ありますが、性別はまだ不明
画像 画像
\39000
アルゼンチン
ブラック&ホワイトテグーCB MS
Tupinambis merianae ボリューム有る体躯になる中南米版モニター的な大型トカゲ。
激荒で有名なキタテグー(=ゴールデンテグー/バンディットテグー/コロンビアブラック&ホワイト)ではなく、比較的落ち着いた性質の別種ミナミテグーです。キタテグーに比べてずっと落ち着いていますが、貪欲でがっつきなのはテグー全般に共通ですので、小さなうちからハンドリングしつつ、存分に食べさせて落ち着かせましょう。最終的にはそれなりのスペースがいることはお見知りおきを。
昆虫類からマウス、果物や缶詰まで何でも食べる雑食性。
頭部のグリーンが無くなって、 体躯もがっちりし始めたMSサイズ。成長に連れ、よりツヤのある黒と白のシックな色合いになります。
画像 画像
\55000
ボルケキールランナー Kentropyx borckiana 珍!カリブ産のウィップテールリザードの一種。
属単位で殆ど知られていない仲間で、キールの名の由来はこの仲間の腹部の鱗がザラザラとキール立っていることから。北米や中米のレースランナーやジャングルランナーに比べ胴回りの太いコロンとした体型で、似たり寄ったりが多いウィップテールリザードたちの中では独特です。
生態が面白く、本種は単為生殖種であり1匹のみで殖えます!わりと多産な種なので、しっかり飼育していると産卵してチビがワラワラ見られることも!
画像 画像
Soldout

アンギストカゲ科・プレートトカゲ科・ヨロイトカゲ科
Name Scientific name Comment Price
(税込)
ヴィーグマン
アリゲータートカゲ L
Gerrhonotus liocephalus liocephalus 格好良い!サイドに白黒のバーが並び、厳つい風貌ながらもエレガント体型なメキシコ産のアリゲーターリザードです。元々はテキサスアリゲータートカゲの基亜種でしたが、テキサスは独立種となりました。
アシボソ或いはスベヒタイアリゲータートカゲの和名もあります。顔つきは北米産のオカアリゲーター等よりもシュッとしていてややテキサス似。
アリゲータートカゲ類の最長種で、尾が非常に長く樹上棲傾向もより強い感じです。
個体A 画像 画像
個体B 画像 画像
\158000
キノドプレートトカゲ Gerrhosaurus flavigularis スレンダーな体格の、ちょっとマイナーなプレートトカゲ。
成体のオスは喉元が黄色、オレンジ、地域によって水色などに染まりカラフル。今回の個体はコンゴ産で、キノドの名の通り喉元や口元が鮮やかな黄色になるタイプです。
画像 画像
\19800

ヨルトカゲ科・ワニトカゲ科・コブトカゲ科        
Name Scientific name Comment Price
(税込)
ニューマンコブトカゲCB L Xenosaurus newmanorum レア!メキシコベラクルス付近固有の、ちょっと寸胴で尾が短めのコブトカゲ。アカメコブトカゲの亜種とされていたこともありますが、目は赤くなくオレンジ色で、腹部には斑紋が入ります。
メキシコの大西洋岸側に固有分布し、岩の裂け目などを住み家とします。立体的な活動も行い、コルクなどを立てかけておくとそれに登ったり隠れたり。平地で頭を持ち上げている姿は、かつて近縁とされたシナワニトカゲにも似た感じがあります。
CB飼い込みのヤングアダルトメス
画像 画像 画像
\180000

オオトカゲ科・ボルネオミミナシトカゲ科
Name Scientific name Comment Price
(税込)
デュメリルモニター ML Varanus dumerilii 今や立派なレアモニターになりました。インドネシアのモニターたちの中でも、頭が大きく図太い体型と、シックなブラウン柄、肌理の粗い鱗が非常に独特な中型種。
飼い込みヤングサイズ。頭部の赤は勿論消えていますが、全身ラスティーブラウンの渋い姿はまた別な味わいがあります
画像 画像
\128000
パルウォーターモニター Varanus salvator subsp. "Palu" レア&極美!
スラウェシ島中央部のパル川河口部付近の地域に産し、細かいイエローフレックルとオレンジがかったファインスポットが目映い、ミズオオトカゲの未記載個体群の一つです。流通量は少ないですが、その輝かしい色柄とあまり巨大化しないミディアム名体格から愛好家憧れの種です。
ピカピカのSサイズ
画像 画像 画像 給餌動画
\398000
カミングスウォーターモニターCB Varanus cumingi 国内CB!2021CBの飼い込み個体です。
卵の黄身をぶちまけたような濃厚イエローの頭部が非常に美しいカミンギーです。いつの間にかミズオオトカゲの亜種から独立種になっていました。
気性が荒い個体と穏やかな個体に真っ二つに分かれますが、この個体はかなりヤンチャです(苦笑)。
頭部 画像
\250000
ブルーテールモニター Varanus doreanus ファームハッチと思われるスモールサイズから成長し、MSサイズになりました。
ニューギニア島広域に分布し、形質にいくつかのタイプがある本種ですが、これはベッタリと黒い地色に白からクリーム色の水玉模様、尾は爽やかな水色で吻端は厚く長めなワニ顔の古くから流通しているクラシカルなタイプ。
画像 画像 画像
\118000
サバンナモニター MS Varanus exanthematicus 毎春来日するファームハッチベビーから一年弱飼い込まれたMSサイズ
どっしり重厚な体型が人気です。幼体のうちは特にアンバランスな体型が可愛らしいですが、このくらいになるとそろそろ成体の迫力の片鱗を店始めます。
画像 画像
\9800
ショートテールモニターCB Varanus brevicauda 超絶レア!
世界最小のオオトカゲで、フルサイズでも全長で20cm程度という超コンパクトなピグミーモニターです。
和名はチビオオオトカゲ或いはオミジカヒメオオトカゲ。チビオの方は、「オ」を間違えて一つ取ってしまい「チビ・オオトカゲ」となっても意味が通じるという、故千石先生の言葉遊び的命名です(笑)。
生息地オーストラリアの情景を思い起こさせる赤砂色の体色で、名の通り全長に対してかなり短い尾をした独特な体型です。モニターというよりカナヘビ風…と言うのはドワーフモニター類の謳い文句ですが、本種の場合はそれらを通り越して「モニターというよりヨアソビトカゲのよう」です。実際、ユッカの茂る岩沙漠に生息しており、ニッチェはかなり近いと思われます。
性別は不明。オンリーワン
画像 画像
\ASK
ワイゲオツリーモニター Varanus reisingeri モエギホソオオトカゲ。
黄緑色のエメラルドツリーモニターの色違いのような、黄色に近い明るい若葉色が非常に鮮烈です。腹部が赤いのも本種ならではの特徴で、ここからワイゲオレッドベリーの流通名もあります。
基本的な性質はエメラルドツリーモニターやブラックツリーモニター同様で、樹上生活を送ります。流通は非常に少なく、流通するツリーモニター類の中でも一二を争う少なさです。
ヤングアダルトの状態良好ペア!
オス 画像 画像
メス 画像 画像
Pr\430000

ミミズトカゲ亜目
Name Scientific name Comment Price
(税込)
ヒレアシトカゲ科
Name Scientific name Comment Price
(税込)

ヤモリ(ヤモリ科、チビヤモリ科、ワレユビヤモリ科)
  
Name Scientific name Comment Price
(税込)
マーブルゲッコー Gekko grossmanni 安価ながらプチレアな大型カベチョロ。
同じ大型のGekko属でもトッケイやスミスなどとはことなり、長めの手足にひょろりとした体躯など別属を思わせる体型をしているユーモラスな種。類似種と共に昔はサンドストーンゲッコーと呼ばれていたように、岩に擬態したような砂岩模様が渋いです。
画像 画像
\4500
ヤシヤモリ Gecko vittata スレンダーな体型の大型ヤモリ。
そのボリューム感と覚えやすい明瞭な模様のわりに安価な、優等生的なカベチョロです。中型以上の壁面棲ヤモリの中では動きもおっとりで、やたらと攻撃的でないのも嬉しいですね。
褐色から明褐色に、体中央部のホワイトラインが特徴。地域によって色彩に差があり、今回入荷した個体はラインが太く明瞭なタイプ。
ペア取りOK
\6800
ヤシヤモリCB Gecko vittata 店内CB
真っ白なセンターラインがパキッと美しいCBベビーです。そのボリューム感と覚えやすい明瞭な模様のわりに安価な、優等生的なカベチョロです。中型以上の壁面棲ヤモリの中では動きもややおっとりで、やたらと攻撃的でないのも嬉しいですね。
画像
\9000

オガサワラヤモリ
(南大東島産)
Lepidodactylus lugubris 単為生殖する小型ヤモリ。壁面よりも植物の葉陰などに入ることを好み、薄明薄暮時に活動します。
幅広い分布を持っていますが、今回は日本国内で唯一の在来個体群であるとされる南大東島産(沖縄本島や石垣・西表などの他個体群は移入個体群)。単為生殖種なので、南大東島産は遺伝的にも独自性を持っています。
栄養を十分に与えていると単独で卵を産みます。
複数在庫有り
画像 画像
\9800
ギーベマルメヤモリ Lygodactylus guibei 枯れ葉のような渋い色合いのマダガスカル産小型マルメヤモリ。
画像 画像
\8800
グランディスヒルヤモリCB MS
(クリムゾン)
Phelsuma grandis 揺らめく炎のように幾重にも走る背の赤バンドが超絶派手な血統品種。
ブリーダーによってファイアーやスーパーレッド、フレイムとも呼ばれます。
MSサイズ。メスっぽいですが確定ではありません
画像 画像
\21000

ギンボウヒルヤモリCB
Phelsuma guinbeaui 当店繁殖個体
まだベビーサイズのため色味は出ていませんが、アダルトはケペディアナ・オルナータと並ぶ最美ヒルヤモリ御三家の一つ。
ライトグリーンの地色に朱色がかったオレンジのストライプ、うなじにはスカイブルーが発色する、すっきりとしていながらゴージャスな色合いになります。
アンセクシュアルの幼体。
画像 画像
\38000
ギンボウヒルヤモリCB Phelsuma guinbeaui ドイツCB
ケペディアナ・オルナータと並ぶ最美ヒルヤモリ御三家の一つ。ライトグリーンの地色に朱色がかったオレンジのストライプ、うなじにはスカイブルーが発色する、すっきりとしていながらゴージャスな色合い。
アンセクシュアルの幼体。
画像 画像
\53000
ボンベトクヒルヤモリCB
トリオ
Phelsuma lineata bombetokensis ドイツCB
珍!ヘリスジヒルヤモリの小ぶりな北西部亜種。チノリヒルヤモリの和名があるように、血糊のようにべったりとした赤く大ぶりな斑が腰から背に乗る個体が多いです。
アダルトのトリオ。 バリバリ産卵してます!
画像 画像
トリオ
\128000

ボンベトクヒルヤモリCB
Phelsuma lineata bombetokensis 店内繁殖個体。ドイツCBのトリオが店内でどんどん殖えてくれています!
ヘリスジヒルヤモリの小ぶりな北西部亜種。チノリヒルヤモリの和名があるように、血糊のようにべったりとした赤く大ぶりな斑が腰から背に乗ってくる個体が多いです。
アンセクシュアルの幼体達
画像 画像
\15000
クレンメリーヒルヤモリCB Phelsuma klemmeri チェコCB
美!ネオンデイゲッコーの名もある美種です。和名はキガシラヒルヤモリ。
ヒルヤモリ類の中でも非常に独特な体色で、名の通りケミホタルのような蛍光イエローをした頭部にメタリックな水色のグラデーションの胴体はある種の熱帯海水魚のよう。
扁平な体型を持ち、ヒルヤモリとしては比較的ゆっくりめの動きで扱いやすい種です。
画像 画像
\32000
ウォルバーグネコツメヤモリ
(南アフリカ共和国産)
Homopholis walbergii モザンビーク産ではなく南ア産の、より流通機会が少ないウォルバーグ。
昔流通していたUSAのCBを思わせるような上品な色合いのSサイズ。心なしかモザンビーク産より色調のトーンが低い感じがします。石の彫刻品のような質感が素晴しいです。
雌雄在庫有り
画像
\52000
ケープフトユビヤモリCB Pachydactylus capensis ドイツCB
珍!パチュダクテュルスの仲間ばかり蒐集して殖している、奇特なドイツのブリーダーによるCB。
ゴツゴツザラザラした鱗を持ち、成体になると特に顕著になります。体色はサンドベージュで、壁でなく岩の表面などを伝っていることが多いタイプ。
南アフリカ共和国からナミビアにかけてという分布域のせいで、流通は殆どありません。
アダルトオス
画像
\88000
タイガーゲッコーCB Pachydactylus tigrinus 国内CB
久々のワイルド
トラフフトユビヤモリ。アフリカ南部の小型美麗ヤモリの代表的存在です。小型で美しく丈夫な三拍子揃った良いヤモリ。
すべすべした皮膚感が非常に上品で、幼体時の濃いバンド柄も成体のレオパード柄もどちらもとても綺麗です。
性別はまだ不確定ですがメスっぽいです(CBの本種のオスは希です)。
画像 画像
\14000
オビフトユビヤモリCB Pachydactylus fasciatus ドイツCB
かつてバンデッドタイガーゲッコーやサウスアフリカンタイガーゲッコーなどの名で流通していた南アフリカ共和国原産のレアヤモリ。最近では殆ど見かけなくなっていました。
元祖タイガーゲッコーことトラフフトユビヤモリが名に反して多くはヒョウ柄なのに対し、本種は太いバンド模様で名にそぐわぬタイガー。体表はゴツゴツしており、サイズも元祖タイガーより一回り以上大きくなります。
成体では赤褐色と灰色のバンドになり、どことなくグレーバンドキングスネークを思わせる配色です。金色の虹彩も目を惹きますね。
性別不明のSMサイズ達。
個体A 画像
個体B 画像
\62000

コクチフトユビヤモリCB
Pachydactylus punctatus 国内CB!
珍。ナミビア産の小型ヤモリ。スペックルチックトゥードゲッコーです。
パチュダクテュルス=フトユビヤモリ属と言えば、タイガーゲッコ-やビブロンゲッコーなどといったカベ系のヤモリが思い浮かびますが、この属はかなり多様な属で、本種のようなほぼ地上棲の種も含まれます。
レンズをはめたようなキョロリとした大きな目と、明色のスペックル模様、和名の通り幅広の指先が特徴。小柄な体躯に似合わずがっつきで、餌食いは良好。
オス
画像
\19800
カブラオヤモリCB Thecadactylus rapicauda ドイツCB
珍!キャロットテールゲッコー。和名はカブラオヤモリ(蕪尾家守)。飼い込むと尾が非常に太くなり、まさに西洋カブかニンジンをぶら下げたようになります。
中米便が盛んだった一昔前は常連だったのですが、現在では滅多に見かけなくなりました。今回はドイツのヤモリ愛好家によるCBです。
よく見るとチャホウアやガーゴイルゲッコウのようなラコダク顔で、皮膚感や色彩も近いものがあります。
画像 画像
\88000
マダラホソユビヤモリ Cyrtodactylus cf.marmoratus インドネシアなどに産するやや小ぶりなホソユビヤモリ。
ダークグレーベースの渋い色彩で、夜間は色味が明るくなります。もっと小型でヒョロいイメージでしたが、今回のは意外としっかりした体格で見応えあります
画像 画像
\28000

ホオスジディクソンゲッコーCB
Dixonius melanostictus 国内CB
ディクソンゲッコーことザラハダヤモリの一種で、比較的見られるシャムディクソンとは違い全身が明色のパターンレスで、頬だけに黒いラインが入ります。
ざらついた鱗はそのままなので、ちょっと不思議な印象。
アンセクシュアルの幼体から若個体。オス狙いの孵化温度でブリーダーさんが調整しています。
画像 画像
\19800
ホオスジディクソンゲッコーCB Dixonius melanostictus 国内CB
ディクソンゲッコーことザラハダヤモリの一種で、比較的見られるシャムディクソンとは違い全身が明色のパターンレスで、頬だけに黒いラインが入ります。
ざらついた鱗はそのままなので、ちょっと不思議な印象。
ヤングアダルトのメス達
画像 画像
\28000
バイノトリノツメヤモリCB
(パルテノジェネティックフォーム)
Heteronotia binoei ドイツCB
珍!オーストラリアに広く分布するランドゲッコーで、地域によって色彩や習性にバリエーションがあることが知られています。これはそのうち、単為生殖をする珍しい個体群(パルテノジェネティックフォーム)で、メスしかおらず1匹のみで殖えてきます!
マークドランドゲッコーなどにも通ずる格好良い外観ですね。色味も濃い褐色でなかなかに綺麗。
英名はプリックリーゲッコーで、トゲトゲした様を表します。ヘテロノティアとか、ビオネーゲッコーとか、色々な呼び名があります。和名はトリノツメヤモリ。指下薄版が無いため、壁に張り付かずトカゲのように飼育できます。
小型ですが餌食いの良い丈夫な種で、飢えや渇きにもかなりの耐性を見せます。
画像
\32000
ソメワケササクレヤモリCB
(アルビノ)
Paroedura picta ドイツCB
所謂ザンティック。キャラメルと呼ばれることもあります。品種の表現型としては全て同一で、アルビノ(より厳密にはT+アルビノ)が正しいようです。
薄い飴色が何とも綺麗なソメワケササクレの古典的な品種。
※複数在庫有り。
画像 画像
\19800
ソメワケササクレヤモリCB L
(アルビノ)
Paroedura picta 所謂ザンティック。キャラメルと呼ばれることもあります。品種の表現型としては全て同一で、アルビノ(より厳密にはT+アルビノ)が正しいようです。
薄い飴色が何とも綺麗なソメワケササクレの古典的な品種。
仕上がったアダルトオス
画像 画像
\22000
エベノーヘラオヤモリ Uroplatus ebenaui ヘラオヤモリの中でも「ヘラオ」と呼ぶにはアレな(笑)、極端に短い尾を持つ小型種。体高が高く、全体的にコロッとした感じ。大きなパット状の指先も、デフォルメ感があります。
葉脈状の模様など、この種もエダハと同じくらい擬態に特化した種です。こっちは枯れ葉というか落ち葉なのかな。エダハに比べて没個性的かと思いきや、地色から模様まで、意外なバリエーションがあって楽しめます。
オス
画像 画像
\58000

ヤモリ(イシヤモリ科・タマオヤモリ科)
     
Name Scientific name Comment Price
(税込)
ウィリアムスイシヤモリCB Strophurus williamsi ドイツCB
オーストラリア産の珍奇な姿をした半樹上棲ヤモリ。花崗岩を思わせるライトグレーの体色に、レッドからオレンジの虹彩が目立ちます。
近縁のマツゲイシヤモリなどを初めとするこのグループ同様、尾にびっしりとトゲが生えます。本種は尾だけでなく背にも短いトゲが並ぶのが特徴です。
トゲ系イシヤモリの中ではわりと早くから繁殖が成されていますが、入手は未だに容易とは言えません。
性別不明
個体A 画像 画像
個体B 画像 画像
\70000
アグリコラクチサケヤモリCB Eurydactylodes agricolae 国内CB
耳まで裂けた口のように見える口角のスリット、古代生物を思わせるしっとり感のある皮膚と大粒で不揃いな鱗、物に巻き付けることが出来る太くて長い尾など、この仲間ならではの特徴を持ちます。
意外なほどに動きはおっとりで、パタパタ走ることはあるものの、基本的な動きはラコダク系。重そうな尾をゆっくり振ってバランスを取ったり、ぴょいっとジャンプしてみたりと、壁チョロではなく樹上棲のヤモリなんだなぁということがよく分かります。カメレオンモドキなんかの動きにも近いかも。
オス
画像 画像
\43000

ヴェイヤールクチサケヤモリCB
Eurydactylodes vieillardi 当店ブリーディングファシリティーCB
後頭部の盛り上がりと長い吻端が格好良いヴェイヤール。緑がかったアグリコラに比べ、本種の体色はより暗色で不均質な色合いです。
しっとり感のある皮膚と大粒な鱗、物に巻き付けることが出来る太くて長い尾など、この仲間ならではの共通した特徴を持ちます。
オス
画像 画像
\49800
クレステッドゲッコーCB M
(ダーク)
Correlophus ciliatus チェコCB
ベースカラーが非常に暗いチョコレートブラウンで、ファイアダウンしているときもその色合の暗さがよく分かります。
Mサイズのオス
画像 画像(明色時)
\38000
サラシノミカドヤモリCB Correlophus sarasinorum ドイツCB
ルーズゲッコー。飾り気の無いシンプルなフォルムで、スター揃いのラコダクティルス属の中ではマイナーな地位に甘んじていますが、どうしてどうしてなかなか良いヤモリです。
何よりそのベルベットを思わせる手触りはラコダク中でも随一!意外なほど大型になる種なので、ぼってりとボリュームもあって持ち応え有ります。
属中では素早い方ですが、それでも弾丸ダッシュが山ほどいる他のヤモリ類に比べれば全然可愛いもの。
性別不明のMSサイズ。
画像 画像
\48000
ガーゴイルゲッコーCB
(ホワイトストライプ)
Rhacodactylus auriculatus チェコCB
バリエーションの多いストライプタイプですが、これは幼体時にサイドストライプがパキッと白い個体。セントラルストライプが幼体時から太く目立つ個体はいますが、体側側のストライプが目立つタイプは比較的少なめ。中でもそこがオレンジではなくすっきり抜けたホワイトなので、黒っぽい地色に良く映えます。
→'22/5、写真更新しました。店内で仕上がって良い感じのヤングアダルトサイズに。独特の太いホワイトストライプも消えず、コントラスト豊かなまま育ってくれました。性別はメス
画像 画像
\56000
ガーゴイルゲッコーCB
(レッドストライプ)
Rhacodactylus auriculatus ドイツCB
分かりやすく綺麗なセンターラインがレッドストライプの個体。レッドラインも赤の度合いが多様ですが、この個体はルージュで引いたように鮮やかな赤です。サイドライン付近には朱色からオレンジレッドがかったスポットが点線状に散ります。
ヤングアダルトの オス
画像 画像
Soldout
ヘンケリージャイアントゲッコーCB
(ブロセ)
Rhacodactylus leachianus henkeli ドイツCB
島ごとにロカリティーがあるヘンケリー亜種ですが、これはアイランドDとも呼ばれるブロセ(Brosse)。虹彩の網目模様が最も強く出てインパクトある顔つきになるとされます。また、多くの個体の首筋に細長い斜めの明色斑が走り、極端な個体では上から見ると首筋にハの字模様が確認できる場合もあります。色味は明るめの黄緑の場合が多く、明色時には他地域より極端な白飛びを見せます。
アンセクシュアルの幼体
画像 画像
\240000
サウザンリーフテールゲッコーCB Phyllurus platurus ドイツハムショー便
オージーゲッコーの中でも特に珍奇な姿をしたグループ、リーフテールゲッコーの代表種。和名ヒロオコノハヤモリの通り、属中でも幅広く木の葉の形容詞が一番似合う尾を持ちます。
コルク樹皮などを立てかけておくとそこにしがみつき、完璧なまでの擬態姿を見せてくれます。
オス
画像 画像
\128000
アンダーウッディサウルスCB
(ハイポ)
Underwoodisaurus milii ドイツCB
和名のナキツギオヤモリは今一浸透せず、「アンダーウッディ」や「ミリー」の通り名で呼ばれます。
今回の個体達はベースカラーが非常に明るく、オレンジみが強いハイポ。劣性遺伝とも選別交配による血統遺伝ともされておりますが、個人的には後者の気がします。
首の据わった安心MSサイズ。性別は何れもメスっぽいですがまだ不確定です。
個体A 画像 画像
個体B 画像 画像 Soldout
\49800
オニタマオヤモリCB(ハイポ) Pr Nephrurus amyae イタリアCB。タマオ専門ブリーダーのItalian KnobtailsによるCBです。
これは綺麗!黒い雷模様やうなじの模様が退縮し地色も明るい、ハイポです。体の白いスポットも多く、ノーマルを別素材でコーティングしたような不思議な魅力があります。
生後半年以降で更に大きく色抜けしてくるとのことで、成長が楽しみです。
Sサイズのペア
オス 画像 画像
メス 画像 画像
Soldout
オビタマオヤモリCB Nephrurus cinctus スティーブ・サイクス(Geckos Etc.)CB
明るい桜色に黒のバンド模様が洒落ています。飴細工のような表面のトゲトゲ感と、色合いの成果どこか女性的な佇まいが根強い人気を誇ります。
ちなみに、流通が殆ど無い基亜種(だった)ミナミオビタマオN.wheeleriから分離され独立種になりました。普通流通する「オビタマオ」と言えば本種ですので、通称オビタマ=ウィーレリーでしたが今後はオビタマ=キンクタス。…まだ馴染めない(笑)
幼体。性別はまだ不確定です。
画像 画像
Soldout
ミナミオビタマオヤモリCB Nephrurus wheeleri チェコCB
少し前まではオビタマオヤモリのレアな基亜種…でしたが、普通のオビタマオとして流通していたcinctus亜種(キタオビタマオ)が独立種になってしまったため、何だかややこしくなりました。
濃厚なレンガ色の体色と太くくっきりした黒バンド(普通のオビタマオより一本少なく、胴体に2本)、黒目がちで大きな目などが特徴です。
より一層作り物っぽい、とてもファンタジックな外観をしています。
アンセクシュアルの幼体。
画像 画像
\148000
ミナミオビタマオヤモリCB ML Pr Nephrurus wheeleri イタリアCB。タマオ専門ブリーダーのItalian KnobtailsによるCBです。
濃厚なレンガ色の体色と太くくっきりした黒バンド(普通のオビタマオより一本少なく、胴体に2本)、黒目がちで大きな目などが特徴です。
より一層作り物っぽい、とてもファンタジックな外観をしています。
ヤングサイズのペア。
オス 画像 画像
メス 画像 画像
Pr\298000

トカゲモドキ科(ヒョウモントカゲモドキ(別項)・ニシアフリカトカゲモドキ(別欄)以外)・オマキトカゲモドキ科
    
Name Scientific name Comment Price
(税込)
ボルネオキャットゲッコー Aeluroscalabotes felinus "Borneo" オマキトカゲモドキの島嶼部の亜種とも個体群ともされるボルネオ産。
個体差もありますが、背に一条のストライプ模様が入るのが大きな特徴で、虹彩の色合いも本種はグリーンがかったグレーで、ウルウル黒目の基亜種とは印象もだいぶ違います。
体型は基亜種よりも少し寸胴で、尾は完全尾の場合イモムシのように節が入ります。
オス 画像 画像 Soldout
メス 画像 画像
\38000
チワワトカゲモドキCB Coleonyx brevis スティーブ・サイクスCB
サイクス氏が最近イチオシの、コンパクトなトカゲモドキ。
アメリカ南部からメキシコに棲息する乾燥地のコレオニクスで、属中はおろか全トカゲモドキ中の最小種。「テキサストカゲモドキ」とも呼ばれます。
かつては流通が多く、よく似たバンドトカゲモドキの方がよりレアな扱いを受けていましたが、今やどちらもワイルドの流通が激減しまず見なくなりました。特に本種の方が、主要出荷地だったテキサス州の野生動物捕獲規制の影響をもろに受けてしまっています。
バンドより一回り以上小柄で、手足や胴もズングリ。この仲間特有の、ミニ猫科動物風の動きは独特です。
性別はまだ不確定
'22/3写真更新しました
個体A 画像
個体B 画像
\28000
サトプラトカゲモドキCB M Eublepharis satpuraensis 極レア!発見されて間もない、中央インド固有のトカゲモドキです。
体躯は属中ではずんぐりなダイオウ(ニシインド)やハードウィッキー(ヒガシインド)と、ひょろ長いオバケの中間と言ったところ。頭幅が狭く、独特な体型です。濃い色味と太い暗色バンドが、原産地のシンボルアニマルでもある虎を思わせます。
Mサイズのメス
画像 画像 画像 画像
\ASK

ニシアフリカトカゲモドキとその品種
Name Scientific name Comment Price
(税込)
ニシアフリカトカゲモドキCB
(アルビノ)
Hemitheconyx caudicinctus 韓国CB
タンジェリンタイプではない、昔ながらの淡い色調のアルビノ。柔らかなミルクティー色の地色と抑えた藤色のバンドがはんなりとした美しさです。アルビノとは言ってもニシアフの場合は黒目がちなウル眼がほぼ変わらないので、愛らしさはそのままです。
アンセクシュアルのSサイズ
個体A 頭部 背部
個体B 頭部 背部
\39800
ニシアフリカトカゲモドキCB L
(アルビノ)
Hemitheconyx caudicinctus USACB
タンジェリン系とはまた異なる柔らかな色味が魅力のノーマルアルビノ。柔らかなミルクティー色の地色と抑えた藤色のバンドがはんなりとした美しさです。
飼い込みアダルトサイズ
頭部 背部
\42000
ニシアフリカトカゲモドキCB
(タンジェリンアルビノ)
Hemitheconyx caudicinctus USACB
濃いタンジェリンオレンジとラベンダーのバンドが目立つ、特に色彩が豊かで鮮やかなセレクト血統のアルビノです。ブリーダーによってはアプリコットアルビノとも呼びますが、基本的には同じものです。
アンセクシュアルのSサイズ
頭部 背部
\49800
ニシアフリカトカゲモドキCB
(ゴースト)
Hemitheconyx caudicinctus スティーブ・サイクス(Geckos Etc.)CB
シングルモルフの中では最も最近リリースされたもので、全体に半透明の膜をかけたような淡く朧気な色合いが非常に日本人好みの銘品種です!
性別未確定のMSサイズ
頭部 背部
\110000
ニシアフリカトカゲモドキCB
(スーパースティンガー)
Hemitheconyx caudicinctus 韓国CB
あまり聞き慣れない名前ですが、共優性のスティンガーのスーパー体で、外観上はパターンレスとよく似たココアブラウン一色になります。
性別はまだ未確定
画像 画像
\105000
ニシアフリカトカゲモドキCB
(パターンレス)
Hemitheconyx caudicinctus 韓国CB
バンド柄が全て消失し、全身がココアブラウン一色で黒目が引き立つ愛らしいモルフです。夜間など明色時では更に透明感のあるミルクティーカラーに変化し、暗色時とは全く異なる方向性の美しさが楽しめます。
MSサイズ
メス
頭部 背部
\78000
ニシアフリカトカゲモドキCB
(ホワイトアウトキャラメル
/Het.ズールー)
Hemitheconyx caudicinctus 韓国CB
淡いトーンのホワイトアウトと、品あるミルクティーのようなキャラメルアルビノのコンボ。透明感がありすぎて、幼体時は腹膜が青黒く透けて見えます。
Sサイズのオス
画像 画像
\110000
ニシアフリカトカゲモドキCB
(ホワイトアウトズールー)
Hemitheconyx caudicinctus USACB
アフリカの民族模様から名付けられているズールー。密教の独鈷杵のような不思議な形をした斑紋が背にくっきりと表れるのが特徴です。
この個体はホワイトアウトのコンボで、地色が白っぽく尾先が青っぽく明るくなっているため、特徴的な模様が一層浮き出て見えます。更にホワイトアウトの退縮効果で、頭の模様もY字と斑点の可愛らしい感じになっています。
頭部 背部
\95000
ニシアフリカトカゲモドキCB
(ホワイトアウトズールー)
Hemitheconyx caudicinctus 韓国CB
薄桃色とココアブラウンのカラーに、独特のズールーパターンを持つ愛らしいコンボ。
性別はまだ不明。
画像 画像
\78000
ニシアフリカトカゲモドキCB
(ストライプ
ホワイトアウトズールー)
Hemitheconyx caudicinctus 韓国CB
薄桃色とココアブラウンのカラーに、独特のズールーパターンを持つ愛らしいコンボ。ストライプタイプ。
性別はまだ不明。
画像 画像
\78000
ニシアフリカトカゲモドキCB
(ホワイトアウト
パターンレスオレオ)
Hemitheconyx caudicinctus USACB
パターンレスの無地にホワイトアウトの退縮効果が加わると一層マットになりそうですが、実は不思議なことにホワイトアウトが加わるとパターンレスは細かな霜降り状の斑紋に変化するのです。これは面白い現象ですね。
更にオレオが加わって、トーンの低い朧気な色柄が魅力的です。
MSサイズのオス!
頭部 画像
\128000

ニシアフリカトカゲモドキCB
(ホワイトアウトゴースト)
Hemitheconyx caudicinctus カナダCB
幽玄美の集大成です!ゴーストの朧気な色合が、ホワイトアウトの導入で更に幽明にパワーアップしています。
Mサイズのオス!
頭部 背部
\140000
ニシアフリカトカゲモドキCB
(オレオゼロ)
Hemitheconyx caudicinctus 国内CB
ゼロの暗色斑の伸び広がりがオレオ効果に映えて、ブラックバック風のクールな色柄になっています。ちょっとハードウィッキートカゲモドキを思わせる感もあり。
Sサイズのオス
頭部 背部
\83000
ニシアフリカトカゲモドキCB
(オレオスティンガー
/Het.パターンレス)
Hemitheconyx caudicinctus 韓国CB
スティンガー特有のバットマンマークがオレオのモノトーン作用でより良く目立ちます。ヘテロでパターンレスの因子持ち。
アンセクシュアルMSサイズ
頭部 背部
\88000
ニシアフリカトカゲモドキCB MS
(スノー)
Hemitheconyx caudicinctus キャラメルスノーとも呼ばれる、キャラメルアルビノとオレオのレアコンボ!
オレオの作用で極薄いベージュがかったグレーと、ほのかに桃色がかるオフホワイトのバンド柄になっています。
MSサイズのオス
画像 画像
\158000

!!上下にメニューが表示されない方はこちらをクリック!!